ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命の作品情報・感想・評価 - 66ページ目

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」に投稿された感想・評価

goma

gomaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

戦争って人間にスポットがあたりがちだけど、本当に被害を被っているのは動物や自然なんだ、と痛切に感じた。


九死に一生を得た象の出産シーンに感動したかと思えば、戦火であっけなく消えてしまう、美しいいきものの命たち。。



自らの命を省みず、ユダヤ人を救ったアントニーナの家族。

初めは救いたい一心だったものの、心は憔悴していき、この行いが、良いことなのか、悪いことなのか、さえもわからなくなってくる。


儚くも、消えてしまいそうな美しい顔立ちのなかに、燃える炎のような強い瞳。

ジェシカ.チャステインはまさに、アントニーナにぴったりの女優だと思った。



お金持ちでもなければ強くもなく。

特別な才能を持った人間でもない、しごく平凡な人間が、何百人もの命を救える、ということ。
第二次大戦後70年以上、まだまだこういう知られざる真実が語られる

ドイツとソ連に蹂躙されたポーランド、ワルシャワで動物園を開いていた夫婦が
その中にユダヤ人をかくまい、300人もの命を救った勇気ある物語

今最も勢いと華のある女優ジェシカ・チャスティンがアントニーナを熱演
こういう作品を選ぶことで彼女自身の信条が伺える
夫にヨハン・ヘルデンベルグ 『オーバー・ザ・ブルースカイ』のブルーグラスミュージシャンの髭ヒゲ男が!渋く地味に誠実な男性を演じる
Kotone

Kotoneの感想・評価

3.6
こういう題材の映画って
見てるとつらくてどうしていいかわからなくなるんだけど

戦争や災害で動物園ってそういえばどうなるんだろうって考えるきっかけになった

ポーランドのことを知りたくなる



あとすっごい邦題がださくてびっくり笑
RuiKitano

RuiKitanoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

深い話。(飛行機で見たから所々うろ覚え。)
夫を支え、家族をまもり、動物園を守ることで手一杯であるはずなのに、それに加えて、ユダヤ人を助ける勇気、強いなあ。
後半になるにつれて、ハラハラして、最後には感動。
オールハッピー映画ではないけれど、勇気をもらえるし、あの時代で、政府に反してでも人を助けたいという人々が居たことに感銘を受けた。
ユダヤ人迫害絡みだと分かっていたから、重い内容だろうなってことは覚悟していたけど、構えていたほどの重さは無くて普通に見れた。
なんか最近見たことあるやつ宣伝してるな〜と思ったら
飛行機の中で見たやつやった!
ので記録🐘🦒🦁
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
ポーランド映画祭2017にて鑑賞。動物園を拠点としたワルシャワ・ゲットーからのユダヤ人救出劇が見応えあった。ヘックに怯えながらも勇気ある行動を取る健気な妻をJ.チャステインが好演。会話が英語なのが一寸惜しい。
予想どおりつらい。アントニーナよく守り通したよ…と思う。動物とジェシカさんのショットになごむのもつかの間だった。ブリューリュの役、ブリューリュ史上一番冷酷な表情を見せまくって驚いた。あの人もナチス時代にああならざるを得なかったのか。
ジジョ

ジジョの感想・評価

4.0
シンドラーや杉原千畝のように、ユダヤ人を救った女性の話。同じ女性として、この強さを見習いたいと思いました。
動物を通して、人間も含めた「命のあるすべての生き物」について描いていて、強さと弱さを揺らぎながら生きている姿は、ある意味力強く心に響くものでした。
命に優劣はあるのか。優生思想の先には何があったのか。
いろいろな民族問題が噴出している現代、同じような過ちを繰り返さないためにも知っておきたい史実を映画で知ることができました。
せきね

せきねの感想・評価

4.1
人を救うと決め、流れに逆らう覚悟とぶれない軸を持ち続けた夫妻の話でした。

戦時中の動物の立場が生々しく描かれており、教科書の文章でしか知らなかったことを知るきっかけになり良かったです。
あすか

あすかの感想・評価

4.0
勇気ある行動がすごいと思った。
罪のない人々が亡くなっていく姿を観て悲しくなった。
暗い話の中にも動物たちの可愛さがあり、ちょいちょい泣いていたが、最後はすごい泣いた。