HarukaHirano

菊とギロチンのHarukaHiranoのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.0
逃れてきた女たちの象徴としての女相撲、アナーキストの文士、暴力による既存の(男)社会への抵抗という親和性があるのだろうけど。フィクションで無理にこのふたつを結びつけなくても、史実で充分おもしろい時代だと思う。