スティーヴン豆腐

菊とギロチンのスティーヴン豆腐のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.0
278分の『ヘヴンズストーリー』程ではないがそれでも長過ぎ。これだけ長々とやってもギロチン社パートが退屈なうえに中途半端なので、女相撲メインにして尺を削ってほしかった。

非メジャー邦画でお馴染みの面子が大勢出てる。