稲

菊とギロチンの稲のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
今より少ない選択肢の中で、見世物は弱い者の救済措置じゃなくて、弱い者自らの解放手段だったということを改めて思ったりしたり