みゃーこ

菊とギロチンのみゃーこのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.2
長く難しい映画。
女相撲、という独特で小さな世界の中で強かに、ワガママに、エロティックに生きる女の姿が印象的な映画。個人的には東出、悪くなかった。この時代背景によく似合った青臭さと実直な優男の雰囲気を出せる俳優はそんなにたくさんいないと思うな。