めあり

菊とギロチンのめありのネタバレレビュー・内容・結末

菊とギロチン(2016年製作の映画)
4.4

このレビューはネタバレを含みます


圧巻、何度も鳥肌が立ちました。

男も女も、昔から、よくもまあ、こんなにも理不尽な世の中を、生きづらい世の中を、一心不乱に、傷を負いながら、生き抜いてきたもんだ。

くそ
くそ
負けるな

私もそう言いながら、
現実を生き抜いていこうと思えます。

近年は、未来を描く作品が多く、
それも大事ですが、
過去に向き合うものまた大事と思わされました。

瀬々監督の曽祖父世代のリアルな声を反映させたのでしょうか。

現代っ子の我々世代には、もうこのような映画は作れないのだろうと感じさせられました。