にしの

菊とギロチンのにしののレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.5
退廃感がすごく出ている。我々の時代もこういうのに近づいているとしたら、嫌だなぁ。