犬

菊とギロチンの犬のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
結構前から企画されてた気がするけどやっと公開されたのね。当時の時代背景になぞられていることであり、「自由に生きる」で繋がれた関係だから仕方ないかもしれないけど、アナキストよりも女相撲にもっとフォーカスを当てて物語を進めてくれた方が観る側としては楽しめたかな。

終盤、田んぼでの木竜と寛一郎と篠原のやりとりの芝居が完全に渋滞していてつい笑ってしまった。もうあそこはさっさと病院へ行くか篠原を気絶でもさせとくべきだろう。

久々に鑑賞した3時間超えはさすがにしんどさもあったけど、邦画の底上げを図る活力に不思議と睡魔は襲ってこなかった。