milagros

菊とギロチンのmilagrosのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
4.3
「革命」とか、「世界」って言葉が死ぬほど出てくるけど、まったく空回りしていない。その言葉を使うだけの意志と強さは、映画的な強さとして画面にはりつめていた。
すばらしのは誰一人として国家に頼ってないこと。こんなに登場人物が多いのに、個人の唯一さが失われていない。