スタ

菊とギロチンのスタのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.0
当時の空気感が現代に通ずることなどはこの映画が今公開されることに明らかで、その点でも観る価値は十分にあるかと。
ギロチン社の人らの前のめりな姿や、相撲のシーンの興奮、あとは渋川さんの役がニクいくらいにイイ。

ただ、このままで終わるな!行動せねば!という焦りのような危機的な空気(気持ち)だけはずっと漂うものの、なかなか行動によるカタルシスがなかったような気がした。女力士として生きること、革命を掲げる者として生きること、それ自体のパワフルさはもちろんあったけれども、その結果までは見せてくれない、というか結果=望みが高いからそこに手が届くことはないのか。
最後のクレジットで表示されるギロチン社の面々の運命がどうにもやりきれない現実を突きつけてきたが、しかしそれもまた生きた証なのだと思うと哀しくも力強い。