rinas

菊とギロチンのrinasのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
良くも悪くも普通…

言いたいことはわかるが、やや登場人物が多い。
そういう人間たちがいたという全体的な雰囲気の表現なのかもしれないけど、あいつは一体なんだ?と気になってしまうなど本筋に集中できない、ついていけない部分があった。

3時間も必要だったのか?と個人的には長く感じたが、作品の熱量や描かれた時代背景についてはしっかり感じられる3時間だった。

受け止めるしかない。
女相撲のシーンは激アツで、相撲に興味が湧いた。
大次郎と花菊、まったく知らない役者だったけどよかった。
伊島くん銀幕デビュー?おめでとうございます。