Mi

菊とギロチンのMiのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.4
とにかく圧倒的な熱量

結局のところ登場人物全員がなにも成し遂げることなく終わるので、観終わったあとの不完全燃焼感と疲労感がケタ違い

あの時代、あれくらいみんながみんな狂ったように何かにしがみついていないと苦しくて辛くてとても生きられなかったんだって必死に訴えるような映画だった