さとうの人

菊とギロチンのさとうの人のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
4.0
大正末期、革命を企てるギロチン社と力強く生きる女相撲たちが差別のない世界を求めて各々で戦う話。

とにかくひとりひとりの演技が凄まじい。
顔と顔がとても近い距離でぶつかり合ったり、気迫溢れる声。

熱いエネルギーだけではなく、自分たちの思想や理想のためにみんな何かをすり減らして生きているような、そんな影もあった。

終盤の主人公とギロチン者の眼鏡の青年のシーンで出てくる字幕がとてもしびれる。