マオ

菊とギロチンのマオのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
4.3
必死で生きている女相撲の彼女たちのその後の幸せを願わずにはいられない。
あの時代に生きてなくてよかったなあ、ん、ても今もそんなによくはないぞとあらためて考えてしまう。
夫がむかえにきたときは、頭の中で全力で止めた。