4

菊とギロチンの4のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
社会を変えようとする人たちはいつの時代も力強い。
ギロチン社と女相撲という二つの社会を変えようとする人たちが出会うことで物語は展開していく。物語には大正末期、関東大震災直後という時代が大きく関わるが、いつの時代にも通じるテーマを扱っているように感じた。
焦点が色々な人に当てられ、単純な正解を出していなくて良かった。
最後の女相撲の人たちが闘うシーンがかっこよかった。
変化して、できなかったことができるようになることが人間の唯一の救いだな。