masa

菊とギロチンのmasaのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.7
瀬々敬久監督。
第1次世界大戦終結後の大正時代を舞台に、女性力士たちと、実在した大正アナキストたちの青春群像劇。

当時、女性力士興行が盛んだったのはあまり知らなかった。社会に虐げられてきた女性たちの想いが心を突き動かします。そこに大正アナキストたちが絡む。ミスマッチのように思えて、志しは同じなのかもしれない。

大正末期、関東大震災直後の日本では軍部の力が増し、それまでの自由できらびやかな世界は終わりを迎えようとしていた。
人々が貧しさと先の見えない不安に息を詰まらせる中、東京近郊に女相撲一座“玉岩興行”が到着する。
一座には剛腕の女力士たちのほかに、元遊女の十勝川(韓英恵)や家出娘たちもいて…

キャストも渋い演技派配役で見応えたっぶりの3時間9分だった。

しかし長い…劇場で観たからお尻が痛かったけど、作品を観て何か行動を起こしたいと、もろ影響を受けてしまった…笑

佐藤浩市の息子、寛一郎がいい演技派振りを見せていた。