猿ノ宮福太郎

菊とギロチンの猿ノ宮福太郎のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.6
長い。
若松孝二の映画みたいで濃厚。
東出さんの演技では、今までの中で一番グッときた。
面白いテーマなだけに出来がイマイチで残念。