こいけまり

菊とギロチンのこいけまりのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
ぜぜさんは観ているところがちがうなあ
スケールの大きい映画だったなあ
小さい人々をひとりひとり描いて

ここに出ている役者の人たちひとりひとりに感銘を受けました

あと、カメラがずっとよかった
見ている感じがしました

なるようになる、のだが

弱い悪者がいっぱい出てきたなあ

ほんとのつよさとは

長かった、けど観てよかったです