鎌鼬

菊とギロチンの鎌鼬のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.0
3時間という長丁場の作品。正直だれてしまう所もあったし纏まりに少し惜しさも残った。しかし、「自由に生きたい」という希望を持ち続け、荒々しく人間臭くて雰囲気は良かった。ザ・邦画といった感じで面白く観れた。しっかり知識を得て再度鑑賞したい。