love1109

菊とギロチンのlove1109のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.6
そういえば、政治犯なんて、完全に死語となった。その是非は一旦置いておいて、手段を選ばず、命を捨てても「世界を変えよう」と、誰一人として、夢にも思わなくなった時代に、突如として現われた革命的な、実に革命的な、日本映画。ジャンベのリズムにのせて「アパッシュの唄」を歌う主人公にあわせ、浜辺で踊るアナーキストと女力士たち。差別を撤廃し、真の平等を勝ちとるための闘争。理想郷を夢見ながら散っていった闘士と、今はなき女相撲の力士たちに、闘うことを忘れた私たちは何を思うべきなのか!