あびる

菊とギロチンのあびるのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
説明の多さと過剰な演技に疲れるものの、それはそれで良かったりする。
大二郎弱すぎで腹立ったな、佐藤浩市の息子さんだったとは、、