よねこー

菊とギロチンのよねこーのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.2
長い。演劇で出来ないことを映画でやりました感が強くて、映画としての楽しみは薄い。見る手を意識した映画やないし割と自己満。

思想を語る奴は、思想そのものを実践してるわけではない。思想を理由にして自分のコンプレックスや社会への不満を弱者にぶつけてるだけ。
それは今の世の中も同じか。

しかし昔の人って噂ベースで生きてたんだなって感じる。
それ考えると情報過多とはいえ自分で判断出来る世の中はまだましか。フェイクニュースもあるけども。

歴史の流れの中に飲まれていった人たちのもがく姿、こうした映画で観れて良かったです。