タツキ

菊とギロチンのタツキのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
昔のATG作品のようなパワフルな熱量と密度を3時間の尺にこれでもかと押し込んだ力作。弱気なアナキストを演じた筧一郎がとても素晴らしく、安川午郎の音楽もカッコいい。序盤から混沌とした時代での彼らの青春をこちらが覗き見ているイメージが時折入ることで、時代の目撃者になることを、恰もその場にいるように疑似体験できる感覚も映画的。少し長いが圧倒された。