あ

菊とギロチンのあのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
4.7
良かったんだけどうまく言葉に表せない!時代に逆らって生きていこうとする人々のたくましさ痛々しさがヒリヒリ伝わってきた 万歳の所辛い…
歴史知らなくてもある程度追えたけどもう一回ちゃんと勉強しようかなと思った

画面の色彩が美しくて字幕のタイポグラフィも音楽もかっこいい 明るい朱赤が印象的
タイトル文字も素敵だ 赤松陽構造さん覚えました
女相撲の美しさは神聖さすら感じた
終盤タイトルが出て終わるのかな?って思ってしまいその後が少し冗長に感じてしまったけど、遺体を折るシーンの無情さは良かった…

全員演技うまいなと思ったけど特に東出くんのハマりようが素晴らしかった…寝ても覚めてもと同じくらいハマってた

登場人物一人一人が魅力的でそれぞれの行く末に目が離せなかった 3時間全然いけた
ナレーション永瀬正敏だったのか 声かっこいい…