k

菊とギロチンのkのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
2.9
キネマ旬報にも乗ってたし、面白いらしいから見たけど、つまらない。

わざわざギロチン社使って、なんかやってたけど、たいして重要性を感じなかった、絡める意味あるのか。

序盤、役者の演技が凄い気になってしまったが(ギロチン社の一員がほとんど大学生が趣味でやってる芝居みたい)、後半は気にならなかった。メインの役者さんは良かった。

なんのために撮っているのかよくわからん、何を再現したかったのか。

でも相撲のシーンは見ごたえあったし、面白かった。

あと川瀬さんって凄い分かりやすい顔してて、出てきた時なんか嬉しかった。

つまんないのに長い(三時間)から余計評価低いね。