邹启文

菊とギロチンの邹启文のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.3
もはや戦争を引きずれる監督は塚本晋也監督だけしかいないことに気付いてしまって絶望
ヘヴンズストーリーの方が良かったなんて書いたところでなのだが、そうとばかり感じてしまう。
とにかく説明台詞が多すぎる。急いで作ったにせよ、テーマが大事にせよ、これだと画面を、演者を、物語を放棄してしまうのではないのか。

しかし最大の問題は事実や歴史に争い切れなかった事であろう。
もっと韓国映画みたいにエグザジュレーション美学を大事にしても良いのでは?と