がべ

菊とギロチンのがべのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
-
女相撲×アナキスト「ギロチン社」の青春群像劇。
正直台詞が聞きづらかったり、焦点がどこに当てられているのかわからなかったり、時代背景、無政府主義など難しい事柄が多すぎて、理解することを諦めてしまったけど、
目指すものは違えど、大正時代にひたすら地を這って生きる人たちの生き様が垣間見えた。
役者たちの熱量が凄かったので、結末よりも過程を見守るべき作品なのだと思う。