pokotan

菊とギロチンのpokotanのレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.2
女相撲一座と実際に存在したアナキスト集団ギロチン社の話。

面白かったかと聞かれれば、そうでもないんだけど、これを映画として作り上げた心意気とエネルギーがすごい。
エンタメ色の強い作品とこうゆうメッセージ性の強い文化的な作品を定期的に作り続ける瀬々監督はさすが。

何かを変えたいけど、そう簡単に変わるものじゃない。でも、きっと誰かのためであったり、誰かと出会うことで自分が想定していなかった行動を起こして、変化することもある。

主軸の女相撲のメンバーが韓英恵さんと山田真歩さん以外有名じゃない俳優を起用してるのが、功を奏しててそれぞれ良い味を出してる。

東出くんもいつもの棒読み演技じゃなくて、合ってて良かった。コンフィデンスマンJPといい、役にハマるときはハマるんよな。

寛一郎くんも、あの年でしか出せない愁いを帯びた表情で、かなり良かった。

ただ、前半は難しい言葉だからか、セリフが何言ってるのか聞き取れない部分が何カ所かあった。