順

菊とギロチンの順のレビュー・感想・評価

菊とギロチン(2016年製作の映画)
3.8
大正時代、関東大震災直後の女相撲とアナーキストを描く大変な力作。不条理な権力への反発。
やや粗さを感じながらも3時間の長尺をあっという間に感じるほどの濃密さと熱量。太鼓が躍る劇伴。韓英恵の名演。まさに群像劇。