菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

3.8

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

瀬々監督の積年の作ということで初日に見に行った
女のいろいろや若さのいろいろがつらくてかなしくて涙ポロポロした

(どうでもいいけど渋川清彦なに着ててもただのおしゃれに見えてしまうのふるえちゃう)
naoshi

naoshiの感想・評価

4.8
力が入って見入ってしまう女相撲のシーンの力強さ。夢想家と逼迫した現在をサルベージするような役割の女相撲一座の対比が面白い。女子プロレスのことを考えずにはいられなかった。

韓英恵の美しく寄る辺のない様、東出昌大の将来を鼓舞する詩声と現実の格闘、嘉門洋子のどうのいった姿がどれも素晴らしい。木竜麻生のラストの立ち回りは泣く。

これほどまでに中心でありゼロ地点である天皇万歳を顕した場面は見たことがない。あまりの異様さに鳥肌がたった。
g

gの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

余韻というか爪痕がすごい。
圧倒的な熱量と迫力で、ずっと苦しかった。つまらないからとかじゃなくて、なぜか、早く終われと思ってしまった。でも、終わっても、全然この映画のことが頭から離れない。扱われてる大正時代のこととか、無知すぎて終わってすぐ調べた。

関東大震災、飢饉、戦争、朝鮮人虐殺で、不安で不穏な雰囲気の時代に、革命を起こそうとするアナキストグループの青年たちと、それぞれ色んな思いを抱えた訳ありの女相撲力士たちが出会う。
権力に抗おうと戦う同志として、形は違えど共鳴し影響をうけあっていく。

重たくて痛々しくて本当につらいんだけど
アナキストたちのエネルギーが、なんか、熱い画面にさせていくんだよなー。
まるで革命家のようでその堂々とした振る舞いが大物感すごいんだけど、その実何もしてない鐡。
どこか主義者になりきれなくて、仲間や主義のためには今一歩踏み出せないけど、最後には好きな女の子のために一皮むける大次郎。
朝鮮人が虐殺された時代に生き延びた朝鮮人で、女力士として戦いながらも身体を売ることをやめられない十勝川。
そして百姓の家に生まれ、夫からの暴力に打ち勝つために女力士になった花菊。

全編通して権力とか暴力、理不尽の象徴のような警察や自警団だけど
十勝川を尋問に連れ出した先で鐡たちとつかみ合った時、互いの主張をぶつけ合う
なんのために連れて行かれたのかわからない戦争でなんのためかわからず戦った
敵のような相手にも正義があり
目指す方向は一緒なはずなのに誰かを敵にして楽になりたくて
そんななかで十勝川が叫ぶ天皇陛下、万歳、、、、
この世の色んな歪みの縮図を見てるようで。

敵じゃない、共闘するんだ
弱いやつはずっと弱いまま
強くならないと何も変えられない、、、
すべての人が不安のさなかで
闘い、生きようと必死でもがく姿がこれでもかってくらい映されてる。

東出くんの朗読が刺さりまくる。
漫画の表現にも生かせそうな演出がたくさんあって、面白かった。
ナレーションの入れ方とか。
ただ少し叫びすぎな感はあった。笑
観てて聞いてて、若干シンドい
みんなずっと怒ってたけど
それは映画に懸ける想いの熱さが溢れでたからなのか
あの時代の人はみんなホントにあれくらい、パニクってたのかな?笑

忘れないために点数5。
CHEBUNBUN

CHEBUNBUNの感想・評価

1.2
【空飛ぶギロチン空中分解】
日本のソダーバーグこと瀬々敬久監督が、大衆映画を作りつつ、密かに製造していた超大作がいよいよお披露目となった。

『友罪』は今年ぶっちぎりのワーストだったが、これは『菊とギロチン』の為の金稼ぎ映画だ。きっと『菊とギロチン』は傑作に違いないと期待して観たのだが、これが、監督、スタッフの思い入れが強すぎて、空回り空中分解してしまった作品だった。本当に申し訳ない。今年ワーストテン当確です。

本作は3つの点で致命的にキツイ。まずは、演出だ。タイトルシーン、エンドロール間際でドンっと表示される『菊とギロチン』のタイトル。何故そこなんだ!というほどに中途半端。『ホタルノヒカリ』に近いものを感じる。また、主人公花菊ともよが腹に子を宿しながらも訳あり、女相撲で、「強く強く」成長とする場面が、伏線として魅せているのか、それとも説明描写なのかが中途半端だ。この中途半端さが尾を引き、全くもって彼女の成長と決意が画面から滲み出ない。3時間にも渡ってこのような歯がゆいシーンしかないので苦痛であった。

2つ目に、フォーカスがブレブレだ。本作は日本史の知られざる、ギロチン社と女相撲の関係を炙り出す内容だ。貧しさ、抑圧を心身ともに強く鍛えることで、国家や社会に立ち向かう内容だ。しかし、途中から花菊ともよの恋愛話へとスケールがダウンしていく。また、ギロチン社を描きたいのか、女相撲を描きたいのか、右に左に迷いながら演出している感じが強く、結局、肝心な2つのベクトルが持つ共通項《不屈の精神》が効果的に描かれてなかった。

そして、3つ目。本作の登場人物はギャーギャー喚き、慟哭しかしていない。叫んだり、慟哭する演技は、ここぞ!というところで使うからこそ、心に刺さる。しかし、本作では慟哭の安売りを始めてしまうので、ただただ不快で五月蝿いものとなってしまう。花菊ともよを演じた木竜麻生が、海辺で流産し倒れる場面で「痛いよー」と泣き崩れる場面では、あまりの演技の下手さもあり発狂しそうになりました。

まあ、ギロチン社と女相撲が邂逅し、行動を共にする中盤こそそこそこ画面に惹き込まれたが、ディザスターレベルに酷い作品でした。

上映後、余程ヒットして欲しいのか、テアトル新宿最大級の30人登壇お祭騒ぎだったのも個人的に乗れず(行きたくない結婚披露宴に来てしまったかのよう)。

下半期入り、いきなり雲行き怪しい出だしとなりました。

瀬々監督、スタッフ、本当にすまない。今年ワーストDEATH..

ブログ更新しました:
【ネタバレ酷評】『菊とギロチン』もう一つの実写版『この世界の片隅に』が空中分解していた件↓
http://france-chebunbun.com/2018/07/09/post-16041/
lp

lpの感想・評価

3.7
『感染列島』『アントキノイノチ』『ストレイヤーズ・クロニクル』『ヘヴンズ・ストーリー』『64』『最低。』『8年越しの花嫁』『友罪』の瀬々敬久監督の最新作。
当たりハズレの差が大きい瀬々監督だけど、今回の『菊とギロチン』については大ハズレになる心配は観る前から全く無かった。その理由は「長尺×自主映画」で今作が『ヘヴンズ・ストーリー』に重なるから・・・ではなく、『サウダーヂ』や『バンコクナイツ』の脚本を務めた、空族の相澤虎之助が瀬々監督と共に脚本を担当しているから!

そんな訳で「脚本家、相澤虎之助の最新作」という事で、公開初日に早速鑑賞。そして充実の3時間10分を体感!
後半になると少しダレるシーンはあったけれど、ほぼ全編に緊張感が漂い、体感時間は3時間を下回る。

舞台は大正末期。関東大震災直後の日本。夫からの暴力に耐えかね、女相撲の一座に加わる女性を軸に、様々な事情を抱える女相撲一座の面々や、巡業先で出会った「ギロチン社」の青年たちとの交流模様が描かれる。

物語は「理想はあるけれど行動が伴わないギロチン社の若者たち」と「明確な目標は無いけれど、生きるための行動は伴う女相撲の力士たち」の対比がやがて共鳴し、社会派の要素を含む青春ラブストーリーへと着地。

単純に人間ドラマとして巧くまとめられていたけれど、「ギロチン社」という題材が題材なだけに政治的なメッセージが強くなりそうなところを、「抑圧された社会の中で、弱い存在である個人は如何にして生きていくか?」という少し大きな視点からの問い掛けに昇華させた点も巧い。

空族の十八番である「社会情勢に目配せしながらも、地に足が着いたドラマ」に仕上がっていることを鑑みると、相澤虎之助の功績は大きかったように感じる。

相澤虎之助だけではなく、もちろん瀬々監督の手腕も光る。
女相撲の力士役には韓英恵や山田真歩に混ざって、演技経験の浅いキャストも多数起用されているけれど、それでも手堅く安定した人間ドラマを映す時点で大したもの。
また、随所で力量の高さを伺わせる業も光る。特に2回目のタイトルの出し方が完璧で、思わず膝を打つ。

「3時間オーバーの長尺」と聞いただけでも、二の足を踏んでしまう人もいると思いますが、見逃してしまうには勿体無い力作でした。
yuki

yukiの感想・評価

4.0
鳴動により国家の膿をあぶり出した大地。
それと対比される存在として、世界と繋がる間口であり、希望へと開かれた際である海。
ギロチン社と女相撲一座という、権力に抗う2者が混じり合う場として2つの地が入れ替わるように現れる。

国という大義を掲げる中濱が実は個人の欲に忠実なことを知り、
古田も活動家として染まりきれないことを吹っ切るかのように、最後は己のために、己が守りたいもののために動いていく。

とはいえ、後半はややダレる。
前半がめちゃくちゃ面白かっただけに、やっぱり2時間に収められたのでは…?
MA2

MA2の感想・評価

3.8
2018-315
劇場観賞78本目
【舞台挨拶付】
「ロクヨン」(前・後編)「ヘヴンズ・ストーリー」の瀬々監督。
のイメージだったので。189分の長編映画とはいうものの、どれもカットせず伝えたいものがあるんだなと感じました。
監督いわく、構想30年、役者も募った位だったそうですが、よくぞこの作品に参加されたものと拍手を送りました。

最近、伝統を重んじる日本相撲協会は女の子供さえも土俵に乗ることを禁じましたが、かつて女相撲というものが江戸時代からあったのはご存じなんでしょうかねぇ?
関東大震災があり飢饉や朝鮮人虐殺など混沌とした大正末期。この時代って、あまり知らない^^;

女相撲をキワモノではなく、キチッとした興行として描いていて良い。見世物的であっても、やっている女たちは、いろんな事を抱え真剣勝負。スポーツであり伝統芸能でもある。山形発祥らしい。エロはない 笑。

一方、革命を夢見るアナーキストの男たちは青っちろい。いい加減で行き当たりバッタリ。でもどこか憎めない。

この比較がいい。

「女相撲」と「アナーキスト」。なんとも相入れない組み合わせだけど、ともに求めているのは解放であり自由。ただ、それぞれの関わりが相乗効果を出してたかというとそうはなってない。惜しいところ。

キナ臭い匂いが漂う不穏な時代に、時代に流されるのではなく主体的に生きた彼らの姿が、とにかく熱い!

3時間、やや長いけど楽しかったです^_^
瀬々敬久監督渾身の新作は掛け値なしの傑作であった。完成度など度外視して、セリフもろくに聞き取れず、構成も乱暴な、親切心ゼロ、暴力性剥き出しの傑作だ。見た者がタダでは済まされぬという意味で、『菊とギロチン』は革命の映画である。
見る前の自分にはもう二度と戻れないことを覚悟せよ!
きなこ

きなこの感想・評価

4.7
「隣にいる人は敵ではない。共闘することで変わることがある。」
登壇者30人のほとんどが、
ものすごい映画だと、本当にその通りだった。

ストーリーとか演出がどうのとか、そういうことではない映画。
あっという間の3時間。

体が、ずっと暑い。