菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

3.8

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.2
作り手、出演者の熱意がダイレクトに伝わって胸が熱くなった。もっと早く観たかったけどとにかく間にあって良かった。
本作がカメトメくらいヒットしたら世の中変わるハズなんだけど。
女達の熱い闘いに拍手👏
格闘技好きにもオススメ
気骨を感じた。95年前の明日に起きた関東大震災を、ぼくらはほんの7年前に経験した。そんなぼくらの時代のなかで、こんな映画を劇場でみることができたことを、ぼくは胸を震わせながら言祝ぎたいと思う。

たしかにこの国では地震のあとに戦争がやってくる。けれどもそれは同時に、無産者階級万歳、アナーキズム万歳という叫び声を消そうとしてやってくる。その、茶番としか言いようのない愚行を、たぶん何度もなんども繰り返しながら、DNAを運ぶどうしようもない小舟が僕らなのかもしれない。

だからこそ、そんな重荷は、あの海に流してしまえばよいのだ。神の怒りに触れるという、その意味では冒涜的な儀式を、遊び抜いてやればよいのだ。だからこその太鼓、だからこその弦、どちらもピンとした張力への一撃から、世界を震わせながら、その抑圧の閉塞のどこかに「風穴」を開けるかもしれない。

たとえそこに、途中で結界に乱入して来る輩の干渉があって、風穴があかなかったとしても、一度ぼくらの胸の琴線を震わせた響きは、この映画のように、次々と共鳴してゆくはず。それはきっと、どこかで、小さな穴を開け、外からの風を流し込んでくれるはずなのだ。
最高でした。
上映後まさかのキャスト22人登壇というサプライズ
SP

SPの感想・評価

-
久しぶりにスクリーンで観た邦画がこれで良かったな。韓英恵さんの、自身の出生パーソナリティを賭けて挑んだような役、そして大西礼芳さんの潔のいい強さと曲がった女性らしいところが素敵だった。権力と自由と暴力と愛。
まつき

まつきの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・瀬々敬久監督といえば、私は『ロクヨン』『友罪』しか観たことなかったけど、この2作は大手企業の製作委員会とかジャニーズが絡んだ商業映画。かたや昔はピンク映画を撮ってたこともあったり、最近では紗倉まなが書いた小説の映画化なんかもしてて、手懸ける映画の幅の本当に広いこと!そんな、「なんでも撮れる職業映画監督」みたいなイメージがあったんだけど、本作は、監督が本当に作りたくて作ったという作品で、スピリット・熱意がめちゃくちゃ伝わってすごくよかった!

・テーマはもうめちゃくちゃわかりやすくて、とにかく「不条理な世界に抗って、自由を必死に手に入れようとする」話。いま、国内外問わずみんなが共通して抱えている問題があると思ってるんだけど、それとリンクしてる。良い。さらにそこに「ギロチン社」と「女相撲」という題材が出てくるんだけど、特に「女相撲」という題材は新鮮でそそられる上、歴史的背景の面白さ、映像面での面白さ、さらに本作のテーマである「自由への渇望」にも深くマッチして、とにかくよかった!

・さらに「女相撲」の話。相撲興行のシークエンスにしっかり時間使ってて、女力士たちの迫力や、観客の興奮、会場の熱気がすごく丁寧に描かれていてよかった!相撲観戦の経験はあまりないから偉そうなこと言えないけど、プロレス観戦は昔よく行ってて、その時に感じた「つい選手に声援を送りたくなってしまう感じ」がしっかり描かれてる!臨場感!

・世の中のすべての抑圧から解き放たれる、一時の歌と踊りのシーンはとんでもなく輝かしい!

・本作、日本映画界を支えるバイプレイヤーが多数出演しているのも見どころ。あまり邦画をたくさん観ているわけではないのだけど、渋川清彦は今までで一番よかったし、宇野祥平があんなにかっこいい演技をしているのは初めてみた!その他にも川瀬陽太とか他多数!どういう経緯でキャスティングされたのかはわからないけれど、今の邦画界を支える瀬々監督が魂込めて撮ろうとした作品に、これまた邦画界を支えていふメンツが集まるっていう事実が、それだけでアツい…!

・めちゃくちゃ下らないことを承知で書くけど、大次郎が菊の旦那に決闘を挑むところで、ドラえもんが安心して未来に帰れるようジャイアンに決闘を挑むのび太を思い出してちょっと笑った。笑
猫

猫の感想・評価

3.8
前半、ギロチン社のところで少しうとうとしましたが、その後は一気。
三時間強でしたが面白かったです。
女優さん達が、とても魅力的でした。
それぞれ自分の「陰」を抱えているから?強くなりたいと。
「力」に対抗するには「力」が必要なんだな…と思うほど
男達の暴力が凄かったです。

私たちの年代は、義務教育で近代史を全く教えてもらっておらず、
それ故、大正時代の知識もなく、女相撲の興行も初めて知りました。
この映画にはいろんな人権問題が積み込まれていました。
差別があからさま。
「◯◯のものじゃない!私はわたし」とあの時代に本当に言えたのなら
素晴らしい。
男性陣には申し訳ないけれど
本当に女優さんたちが
素晴らしかったです。

 2018.8.11 名古屋シネマテークにて鑑賞
#088
8月28日に2018年88本目
だから3.8にしてみた☆

色々が入り乱れたちょっと難しい映画でした💦
m

mの感想・評価

4.7
今、まさに今、日本で作られるべきだった作品。大正末期と今の日本の不穏さがぴたりと重なり、舞台は大正だが間違いなく『今』の映画だった。女性力士達とアナキスト達の刹那に交差する人生、作品全体に渦巻く熱気をしかと食らった。

冒頭の映像加工が正直邪魔で導入には失敗していると思うのだけど、その後は閉塞感に包まれた時代の中でもがく人々の物語を活写せんとする作り手の意気込みの熱さに一気に乗せられる。
特に素晴らしかったのがアナキスト達(寛一郎、東出昌大、井浦新、山中崇という濃い面子!)が初めて女相撲の興行を観る場面で、初めはポロリ目当てで冷やかしていたアナキスト達が女相撲の力士達の迫力にやがて興奮しその場全体が活気に包まれていく様は心躍った!

DVから逃げてきた主人公を筆頭に、関東大震災を生き延びた朝鮮人だったり、レズビアンだったり、もしくはただ強くなりたいというシンプルな想いだけを持っていたり、と様々なバックボーンを抱えた女性達が身を寄せ合い、「おら強くなりてぇ!」と男社会に負けない肉体的強さをひたすらに追い求める女相撲の女性達。そして口だけは達者だけど行動はへっぽこで、どうにも情けなく弱いアナキストの男達。彼女達が刹那に心を寄せ合う様には「マッドマックス 怒りのデスロード」を少し想起もして、遂に日本映画にもこういう映画が出てくるようになったかと嬉しかった(ただこの映画はあそこまで抜け切る事はないのだけど)。女ひとり救えねえで、何が革命だ!
歴史的には恐らく交わる事の無かった両者をクロスさせるという瀬々監督の着想は完全に今の時代を読んだ鋭い着眼点で素晴らしく、尚且つそれを自主映画として完成させて興行までやり切ったタフな心意気と体力には敬意を抱く。

関東大震災の際の朝鮮人虐殺の事を作品に刻み込んだ事も、価値のある事だと思う。


後半が失速するのは構成的にも仕方ないとはいえ、後半になるにつれて不必要なシーンや役者の熱演の空回りが増えていくのは残念だった。

俳優陣が皆熱演で、女性力士達は新人・木竜麻生を筆頭に個性豊かで皆印象に残る。中でもやはり出色は韓英恵で、彼女は今回も素晴らしかった。
アナキストの東出昌大は黒沢清組以外ではこれがベストアクトと言える大熱演で、ちゃらんぽらんさとカリスマ性を見事に体現している。これがデビューだったらしい寛一郎も青二才感と生真面目さとを滲ませて爽やかに熱演していてとても良い。
飄々としつつ、一貫して女力士達を守り続ける渋川清彦の役がとてもオイシイ!





ほんとはこの作品がシネコンや色んな所で多くの人に見られると良かったのにとは思う。
sci

sciの感想・評価

-
内容について言及あります。

強く、自由になることを理想としていた若者たちが結局はそうはなれなかったのが何ともやり切れなかった。
女相撲のメンバーは現状を変えるべくもがくが、結局は様々な形で男たちに組み伏せられ、男たちは理想を語るだけで実行が伴わなくてもどかしい思いをしながら見ました。
結局は世の中は変えられないんだよ、という、たぶん瀬々監督が言いたかったこととは逆のメッセージを受け取ってしまいました。

「バンコクナイツ」の相澤虎之助さんが脚本、登場人物のエピソードが飛び飛びで全体的な流れに入っていかないところが似ていて、物語を少しずつ積み重ねていく作品が好きな自分は、特に後半がちょっと苦手でした。

それと飯岡と三治のセリフがかなり聞き取りづらかった。

一緒に行った家族が、関東大震災の時の朝鮮人に対する扱いについてあんなに語らなくてもいいのに、と言っていたのですが、自分はなんとなくしか知らなかったので逆に詳しく話してくれてよかった。

韓英恵さん、和田美沙さん、大西礼芳さん(今回出演作を観たのはじめて)、山田真歩さん良いですねぇ。
熱量映画
こういうのは2回目が面白い
けど1つ1つのシークエンスがちょっと長く感じたかな…