菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
轟く東出の心の雄叫びや手持ちカメラ映像等、益荒男ぶりな演出が良い。木竜麻生も魅力的。ただアナーキストらの活動描写は薄く、個々の憤り吐露も表面的だったり、と長尺な割りに歴史群像劇のうねり感が弱かったのは残念。
こりゃ本当にATGだ。
大正12年、関東大震災から始まる物語は、様々な事情を抱えた女たちが集う女相撲と、アナーキスト集団のギロチン社を描く群像劇。
革命を叫びながらも、実際には酒と女に溺れる生活を送っている男たちは、地に足をつけた女力士たちと出会い変わってゆく。
3時間を超える大長編だが、プロットは教科書的な意味ではかなり歪。
「えっ?そこ描かないの?」とか「あれはどうなったの?」的な部分が多々ある。
でもこれはおそらく狙いだろう。
人物描写をある程度表層にとどめた荒々しい作りが、より生々しさを強調する。
震災の後は、キナ臭い時代が来る。
この映画の情景が、現在の合わせ鏡なのは明らかだ。
女力士たちとアナーキストの青年たちが感じている閉塞は直接的には違うものだが、自由に生きたいという両者の渇望は共通。
だがこの国の“国体”なるものが、それを許さない。
抑圧者の側と思われた在郷軍人会が、ある瞬間に立場が入れ替わる工夫もいい。
「誰もが誰かに仕えてるのよ」とは「ハン・ソロ」の名台詞だが、この映画の登場人物たちも同じ。
“国体”の頂点たる天皇を含めて、真に自由な人間はどこにもいないが、その現状に対するスタンス、抗い方は異なる。
しかしほぼ100年前の物語が、鋭い現在性を持って語りかけて来るという事実は、どう考えても憂うべきことだろう。
それにしても今年は“怪作”としか形容できない邦画が異様に多い。本作と「君が君で君だ」に「カメラを止めるな!」に「パンク侍」が同時に公開されてるって信じがたい状況。
ちなみに3時間9分は全然長く感じない。
上映時間で躊躇してる人は心配しなくてもいいよ。
落とし方が上手いので、むしろ魅力的な登場人物の物語を持っと観ていたかった。
人間の生き様が
女の生き様が

ふらっと鑑賞のつもりが
3時間の長編だったとは

うまくいえないけど、すごい映画だった
MTmovie

MTmovieの感想・評価

3.8
#127 長いけど面白かった。土俵に女性をあげるなとか言ってる今より、昔の方がよっぽど自由だったんだなと少し思ったり。イッチャナ節が頭から離れない...
スタ

スタの感想・評価

3.0
当時の空気感が現代に通ずることなどはこの映画が今公開されることに明らかで、その点でも観る価値は十分にあるかと。
ギロチン社の人らの前のめりな姿や、相撲のシーンの興奮、あとは渋川さんの役がニクいくらいにイイ。

ただ、このままで終わるな!行動せねば!という焦りのような危機的な空気(気持ち)だけはずっと漂うものの、なかなか行動によるカタルシスがなかったような気がした。女力士として生きること、革命を掲げる者として生きること、それ自体のパワフルさはもちろんあったけれども、その結果までは見せてくれない、というか結果=望みが高いからそこに手が届くことはないのか。
最後のクレジットで表示されるギロチン社の面々の運命がどうにもやりきれない現実を突きつけてきたが、しかしそれもまた生きた証なのだと思うと哀しくも力強い。
milagros

milagrosの感想・評価

4.3
「革命」とか、「世界」って言葉が死ぬほど出てくるけど、まったく空回りしていない。その言葉を使うだけの意志と強さは、映画的な強さとして画面にはりつめていた。
すばらしのは誰一人として国家に頼ってないこと。こんなに登場人物が多いのに、個人の唯一さが失われていない。
疲れた。苦笑

軽くは観れない内容。
会社帰りに観たので、終わって映画館を出た時の近代的な明るさには気持ちが塞がった。

何回か、「こうしちゃえばいいのに!」と思うことがあったが、その当時の日本人の思考の型はきっと、この映画の通りなのだろう。

昔のいろいろな人の思想や感情が積み重なって、良いところも悪いところも今のうちらがいるんだなと勝手に思ってしまった。苦笑
犬

犬の感想・評価

-
結構前から企画されてた気がするけどやっと公開されたのね。当時の時代背景になぞられていることであり、「自由に生きる」で繋がれた関係だから仕方ないかもしれないけど、アナキストよりも女相撲にもっとフォーカスを当てて物語を進めてくれた方が観る側としては楽しめたかな。

終盤、田んぼでの木竜と寛一郎と篠原のやりとりの芝居が完全に渋滞していてつい笑ってしまった。もうあそこはさっさと病院へ行くか篠原を気絶でもさせとくべきだろう。

久々に鑑賞した3時間超えはさすがにしんどさもあったけど、邦画の底上げを図る活力に不思議と睡魔は襲ってこなかった。

このレビューはネタバレを含みます

大災害の後の不寛容な時代の話って意味で現代にも通じる青春群像劇。

ギロチン社も女相撲も知らなかったけど、理想を掲げながら日々を無為に過ごしてしまう男たちと、現実に気丈に立ち向かうも家父長制社会に飲み込まれてしまう女たちの姿は現代人が見ても共感できる。
キャストはみんな絶妙に昔の匂いがする顔の人ばかりで演技も素晴らしかったし、大杉栄や、正力松太郎などの有名人の登場でもおおってなるし、三時間目が話せなかった。

女たちやアナーキストや少数民族ら、当時の弱者たちだけに寄り添った目線だけじゃなく、シベリア出兵した在郷軍人たちの暴走の裏側にある苦悩なども描かれていたのも興味深い。


強くなりたいっていうセリフが何回も出てくるけど、じゃあ強さとは何か?相撲で勝つこと?花菊の旦那みたいに力で女を黙らせること?在郷軍人会みたいに朝鮮人を弾圧すること?ギロチン社みたいに敵対者を暗殺すること?大さんや鐡みたいに爆弾を作れること?

逆に弱さってなんだろう、旦那に逆らえないこと?身体を売って生きるしかないこと?虐殺されてしまうこと?要人を暗殺できないこと?権力に負けて好きなことができないこと?権力に殺されてしまうこと?

この映画でははっきり答えはないけど、でも譲れないくらい打ち込めるものがあること、変わらない信念があること、自分たちの非を認められること、が強さかなと思って見てた。あと、極限状態でデマに流されちゃうのははっきり弱さだよね。


ラストとエンドロールの登場人物たちの顛末は切ないけど、彼らの犠牲の上にできた自由な社会なんだから頑張って維持していかなければならない。
鰯

鰯の感想・評価

4.4
強くなければ何にもできない

関東大震災で社会不信が高まる東京郊外。複雑な事情を抱えた力士を集めた女相撲の一座「玉岩興行」がやってくる。夫の暴力に耐えかねた花菊は新入りとして稽古に励んでいた。一方、大阪では平等な社会の実現を目指すギロチン社が実業家から資金を集めていたが、活動も行き詰まった中濱と古田は東京へと向かう。

3時間という長さに若干抵抗を覚えましたが、がんばって観てきました。観てよかった!!
風紀を乱す「えろ」として監視や男衆の目に晒されながら、最悪の状況から抜け出そうとする彼女らの姿に心打たれました。変えたくても変わらない、弱ければ何もできない、口だけではどうにもならない。夢や希望をもった若者はたくさん出てくるけれど、現実はあまりに厳しい。明るいシーンでも、「この人たち次の瞬間には殺されちゃうんじゃないか」という妙な不安が付きまといます。また、理想を高く掲げても利己的に行動してしまう弱さを描き続けているのもお見事。
相撲のシークエンスは、初めの諸々の儀式から土俵入り、取組、退場までしっかり描いていて単純におもしろい。客の掛け声や拍手歓声に、私も劇場で立ち上がって声をかけたくなりました。歌や太鼓にも乗せられました
主要なキャラに絞りながらも、周囲の人物の背景や事情にも想像力を巡らせたくなる群像劇のような要素もあり、各々好きな語り口が見つけられるのではないかと思いました。個人的には一座の親方に惚れました。力士を守り、一座を守り、規律も守らせる。警察が入ってきても、反発するのでなく、批判はうまくかわす。一番モテる役どころだったんではないでしょうか。終盤のあるものを「折る」場面からエンディングまでの一挙手一投足から目が離せませんでした

一方で、玉岩興行やギロチン社のメンバーに対し暴力をふるう人々(在郷軍人)にもきちんとした背景を与えているのは印象的。結局、得体のしれない「御国」に振り回されていたのだと痛感させられる。ある人への拷問後の展開は、観ていてかなり心苦しかったです。また、社会統制する側も一枚岩でなく、各々に考えていることがあったのも良かったですね

私はそれほど知っている役者さんがいなかったため、逆に先入観なく観られてよかったです。特に木竜麻生さんには衝撃。相撲シーンも見ごたえ抜群ですが、かなり攻めた場面も登場し、本気度の高さがうかがえました。後半の海に入っていくシーンでの表情が忘れられません

女相撲一座のキャラが立っている一方で、ギロチン社はかなりカオスで構成員の背景をうかがい知るのが難しい。正直何を考えているのか、まったくわかりませんでした。あのあたりは予習しておくべきだったかも。ただ私の中での最高俳優、井浦新さんが登場してきてびっくり。さすがの存在感でした。
終盤でタイトルが現れる瞬間には驚き。そこが「監督の推し」なのかなというシーンだったので印象深かったです

観てよかったけれど、長いなあという印象は拭えず。とはいえ前編後編に分けるやり方は好きでないので、受け入れるべきかな