菊とギロチンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

菊とギロチン2016年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:189分

あらすじ

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。…

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。 軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。 ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。 「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。 「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

「菊とギロチン」に投稿された感想・評価

hiro53

hiro53の感想・評価

4.6
戦前のアナーキストと、女相撲。どちらも「まともな」人ならチョッと敬遠しそう。ところが、妙に通い会うものがありーー。ところでヒロインの花菊、鶴竜に似ていたような?
チィ

チィの感想・評価

4.0
瀬々監督作品はやっぱり長編が輝く、この感情が何なのかはわからないけど染み渡った。大正という時代と、女相撲という題材と思想が混ざり混沌が錯綜する。
なかでも大次郎に対して「おまえはひとりだと思ってる!」と思いの丈を叫ぶ倉地にハッとさせられた。大次郎の無意識に斜に構えた自分は違うという感覚、中濱の意見には考えの違いはあるけど尊敬の念が上回る感覚、それによって起きる他の面々との感覚の差。決してギロチン社、思想を持っているから起きることじゃなくて日常生活にも当たり前に感じるこの劣等感をまっすぐ伝えられた言葉の数々が胸に刺さって抜けない。そして大次郎のやりたいことはあっても実行に移せないもどかしさと思いと異なった無力さが世に非情で。ラストにかけては特にバタつきたくなる、暴れまわりたくなる感情を押し殺すことに必死となった。
花菊の自分のやりたいことに対する現実とのギャップ、すれ違う願い、過ぎゆく時もまた日常生活に存在するもどかしさで。むず痒くて逃げたくて仕様がない。辛い!叫びたい!そんな心の悲鳴をあげていると、3時間なんてすぐだった。
冒頭の覗き穴ショットより監督による観客への引き込みが始まる。この作品は他人事じゃねえぞ。お前らしっかり見ろよ。そんな思いを感じさせる力強いオープニングだ。このままこのテンションでぶっ飛ばしていくと思っていた。いや、ぶっ飛ばしていたのだが映画の重要な要素であるセリフ。これが聞き取りづらい人が5人くらいいた。聞き取りやすい人と聞き取りにくい人のギャップが激しかった。小さなことだが今なんて言った?と逡巡を何度も繰り返すと結構なストレスになってしまう。これは辛かった。
この作品は怒っていた。全員怒っていた。強烈なエネルギーにより前進を続ける登場人物たちが何も成し遂げることがきないどころか全て崩壊してしまう物語なのだがそんなエネルギーすらも無くなってしまっている現在に怒っていた。
菅田俊さん結構走ってたな。おじさんが走る映画。おじさんが走る映画っていい。

土俵までたどり着けなかった女とたどり着いた女。この違いはいったい何だったんだろう。無常だが現実。彼女たちのせいではない。

長い!
gomazai

gomazaiの感想・評価

-
女相撲のパートが良かった。大正日本のGLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング。裸目当てで来た客を熱狂させる彼女たちの闘いっぷりは本当に痛快。(だからこそ後半が辛い)

かたやアナキストのパートはどうも好きになれなかった。
カズ

カズの感想・評価

4.0
三時間の長さを感じないがダレるシーンが多い。
女力士とアナーキストが影響されあって自由を求める様がいい。
雰囲気で楽しめたが時代背景や監督の意図が知れるともっと楽しめたかもしれない。
これを観ておれはどう感じればいいんだ
いま、なにを見せられてるんだろうってシーンが多くて乗り切れず
台詞も正直3分の1くらい聞き取れなかった
感情とか思想をバンバン口に出すタイプの作品でそれは厳しいよ
かといって退屈かって言われるとそうでもない
なんだかいろいろ中途半端で煮え切らない作品だった
うーん。結構期待して観たんですが
それまででもなかったかなぁと。
私が期待し過ぎたのが原因なのかなぁ。

また本作は上映時間が三時間以上と長いのですが
「そこ、カットしてもイイんじゃない?」
「そのシーン。もっと短く出来るだろ」
と思われるシーンが多く感じられもしました。

2018年7月に映画館で鑑賞
大正末期、人びとが閉塞感にあえぐ関東大震災直後の日本が舞台の青春群像劇。
瀬々敬久監督が30年間かけて作り上げた渾身の作とあって妥協のない映画が完成。

久しぶりに濃厚な邦画を観たという充実感。
189分間、作品に惹き込まれて長さは感じられなかった。

主役は女力士の花菊。
だが、とにかく登場人物に魅力があって主役が複数いるような印象。

女相撲の一座「玉岩興行」
たくさんの女力士が身体をはった土俵上の対戦シーンは、丁寧に撮られていて観ている自分も手に汗握る。

夫からの暴力や理不尽な支配から逃れて強くなろうとする花菊。
まだあどけない可愛らしさと内在する芯の強さ。
新星、木竜麻生さん適役。

近頃ドラマや映画で活躍中の大西礼芳さんが演じる勝虎。
その激しさと垣間見える女らしさに目を奪われる。こんな彼女が見たかった!

韓英恵さん演じる十勝川の差別と苦悩に満ちた人生に胸が苦しくなる。
女力士を演じた女優たちの熱量とそれぞれの生き様。

女が土俵に上がると神さまの怒りに触れて雨が降るというシーンがあるが…いつの時代から女性は汚れたものになってしまったのだろうという疑問。

そしてギロチン社。
中濱鐵と古田大次郎が作った結社。
理論ばかりで生活感を感じない集団だけれど、実在していた結社らしい。
リーダー中濱を演じた東出昌大さんの熱量が凄まじく、本物の演技を見た。彼の代表作になる予感。

映画初出演とは思えない古田役の寛一郎さん。あの若さで存在感半端なく、いい役者になりそう。

女相撲とギロチン社は格差のない平等な社会を目指すことで繋がっていたのかもしれない。

それとタイトルにインパクトがあるが、中濱鐵の「菊一輪ギロチンの上に微笑みし 黒き香りを遥かに偲ぶ」という短歌から考えたものだろう。
菊は、大次郎と花菊の恋心にも受け取れる。

大正時代のことではあるけど、平成末期の今だからこそ、観て聴いて考えたいことが詰め込まれてる映画だった。

追記
予備知識があれば、もっと作品を理解できたはず。
ギロチン社を扱った『シュトルム・ウント・ドランクッ』という映画も観てみたい。
AS

ASの感想・評価

3.0
演技・カメラ・編集・本・尺…すべてがストレス。今年ワースト確定
昭和30年頃まで実在した「女相撲興行」と大正末期に暗躍したアナーキスト結社「ギロチン社」を題材に、史実をもとに瀬々敬久監督がオリジナル企画で映画化した本作からは、関東大震災直後の絶望と閉塞感溢れる日本で、社会的弱者たち、被災者や在日、無産階級や家事育児担当としての女性が、真っ当な人間として自由と平等を求めて奮闘している様が群像劇として映し出される。
女相撲一座に加わっている彼女らは、夫の暴力をはじめとして家庭生活に耐えかねて出奔した者、在日をはじめとした差別、虐待を逃れてきた者、男社会の中で自らの才能で自立したい思う者と、様々な過去や事情を抱えながら強くありたいと願っている。
一方「ギロチン社」の面々は、詩人や哲学者、銀行員や商人等と経歴は色々だが、農民組織化の為に小作人社を作るも失敗し、テロリズムで閉塞感溢れる世の中を変えようと活動する。
つまり、女性力士も「ギロチン社」の若者たちも先の見えない自らの先行きを切り開こうと、世情不安定で益々不寛容になっていく社会に、無駄な抵抗と半ば知りながらも戦っていく。
タイトルの一部になっている花菊ともよ役で映画初主演を果たした木竜麻生さんが、初めは夫や時代にいいようにされていたヒロインが心身共に逞しくなっていく様を凛として演じていて印象的だ。
そして「ギロチン社」のリーダー・中濱鐵を、このところ出演映画が続く東出昌大さんが、その屈折した人物像を浮き彫りにする。
その他、同じく出演作が続く渋川清彦さん、寛一郎さん、嘉門洋子さん等の多数のキャストが上映時間189分に亘る群像劇をドラマチックに彩っていく。
この映画は関東大震災直後の大正末期を舞台にしているが、大震災や集中豪雨等の天災を被り、政治的にも経済的にも不安定で社会に閉塞感が漂い、ワーキングプア、パワハラやセクハラ、マタハラが社会問題になっている現代と地続きの作品だと思う。