にっきい

花戦さのにっきいのレビュー・感想・評価

花戦さ(2017年製作の映画)
2.8
森川葵ちゃーーーーーん!(笑)

地元京都が舞台なので気にはなってたけど公開時にはスルーした作品。
アマプラにあったし、下書きも無くなってきたし、そろそろ見る時期かなぁ、って(笑)

歴史に翻弄された茶人と花人の話し。
主演の野村萬斎のキャラ全開の作品でした!
彼ってそれが"芸風"なのか、現代劇でも何でも狂言そのままの大袈裟な演技ですよね。
今作シリアスな内容だけど「クスッ」と笑わせるところが随所にあって飽きずに見れました。
そうそう戦国時代って花道も茶道も武人(=男)の嗜みだったのに、いつ頃から花嫁修行になったんでしょうか?
千利休も池坊も、相手を思いやり、真剣に向き合うからこそ相手を怒らす事すら辞さない。
それが自らの命を懸ける事になっても…。
しかし今作、出演者が豪華でした!
ワンシーンしか出てこない人にも一流の役者が使われてました。
中井貴一の信長は魔人感あったし、市川猿之助の秀吉はまんま猿でした(笑)
森川葵ちゃん、めちゃくちゃ可愛かったけどセクシーシーンは無いよ!(笑)

前日(2018年12月30日)疲れて早目に寝てしまい、何と目覚めたのが午前4時!(笑)
寝れそうにないので今作見ました!
只今午前7時。
今から2度寝します!(笑)