疾風ロンドの作品情報・感想・評価

疾風ロンド2016年製作の映画)

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:109分

3.3

あらすじ

大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で、…

大学の研究所施設から、違法生物兵器「K-55」が盗まれた。研究所所長の下に届く犯人からの脅迫メール。「人質は全国民。身代金の3億円を用意しろ」警察には頼めない・・・、しかも残された時間は4日間・・・。そんな窮地に白羽の矢がたったのは、何故だか、しがない主任研究員。秘密裏に生物兵器を捜す命を受けるも、全く手掛かりがない・・・。そんな中、一本の電話が。≪犯人死亡!!≫まさかの事態に呆然とする一方で、刻々と迫りくる大惨事へのタイムリミット。生物兵器の行方も完全に不明になったと、途方に暮れていたその時、犯人の遺品から僅かな手がかりを掴むのだった。そこから浮かび上がったヒントは“日本最大級のスキー場“。スキー初心者、何だかちょっと頼りない中年男・栗林和幸が今、日本の未来を担う!?

「疾風ロンド」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

4.0
面白かった♪
疾走感も良かった~阿部さんが探すストーリーやと思ってたら全然活躍してないんだ(笑)
ドドメ色って出る度に笑える😂
yoshis

yoshisの感想・評価

2.6
笑えるシーンがいくつもあった。東野圭吾にこんなテイストの作品があるとは。けど、全体的にストーリーが雑。少年がなぜ容器を差し替えたのか、意味不明だった。
AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.5
意外と面白かった映画!!!
もともと東野圭吾さんのファンで
すが、この小説はまだ読んでなかったんですが、期待してなかっただけに面白かったです。

コメディーチックに進んでいく
ので、最初なんかみんな大げさだな苦手かもって思ってたんですが阿部寛の役柄に4、5回爆笑しました( 笑 )

東野圭吾さんの小説は、
事件が解決するのもそうなんですが事件を取り巻く周りの人間模様とか人のその先の人生まで救うような、ストーリーが多いのです。とても好きな作家さんです。

映画ばかりじゃなくて小説も
見ないと…すごく溜まってます😢
忙しい、、、
kenji77760

kenji77760の感想・評価

3.9
「お前が世界を救ったんだ。」
見事な回収。あれもこれもちゃんと繋がっていた。さすが東野圭吾原作。
それにしても、クスッと笑える映画。おもしろかった。それに軽トラのチェイス。スキーとスノボのチェイス。迫力満点だった。
いやぁ面白かった!
#66
意外に良かった😊笑えるサスペンスは初めてです。阿部寛以上にムロツヨシでしたねー。今作の作品、主役を喰っちゃう存在感でした。あ、阿部寛のコミカル演技も良かった👍
ユキ

ユキの感想・評価

3.0
先に「雪煙チェイス」は本で読みまして~からのこの映画。

本のイメージを崩す事なく作られていたのかなと。

テンポよく、観やすかったです。

ムロツヨシラブです( *´艸`)
Tak

Takの感想・評価

3.5
東野圭吾の作品にしてはコメディチックで面白く、あまり考えずに見れた。そしてB’zのフキアレナサイ!最高。
東野圭吾さん原作の映画は結構観てるけど、小説読んだことないことに気づきました。

そういうわけで、この作品の原作ももちろん未読。どの程度原作に沿ってるのか不明ですが。。。

伏線の回収が見事だな、と思って。所々、ちょっとあり得ない展開だったり、何それってこともあるけれど、全体的にコメディ要素が強いので、まあまあ見逃せる範囲。

柄本明扮する研究所の所長の演技がちょっとやりすぎだけど(笑)、登場人物たちのキャラがしっかり個性的になってて、物語展開もわかりやすいです。

生物研究所の所員が偶然作り上げた生物兵器を雪山に隠して、それをネタに研究所を脅して3億もの金を奪い取ろうとします。

ところがその所員が事故で死んじゃった。生物兵器を探さなければいけないんだけど、手懸かりは一枚の写真と探知機のみ。探知機は電池が5日くらいしかもたない。

スキーな苦手な研究所所員・栗林は所長の命令で生物兵器を探すために雪山に向かうが。。。

ってお話。

メインのお話の他に、栗林の息子のエピソードや雪山近くの中学生たちのエピソード、雪山の監視員のエピソードなどがうまい具合に絡んで物語を盛り上げます。

映画館で、というよりはテレビで笑いながら観るのにぴったりな作品でした。

あ、でも雪山を滑るスキーシーンは大スクリーンだと映えるかも。

大島優子ちゃん、こういうコメディ作品には合いますね。スノボーのオリンピック候補には観えないけど(笑)
hase46

hase46の感想・評価

3.5
東野圭吾原作なのでもっとシリアスな感じだと思ってましたが、大いにコメディ寄りな笑いどころの沢山ある作品でした。

主人公の勤める研究所である研究者によって作られた化学兵器が盗まれた。犯人はそれをスキー場へ埋め、詳しい場所を言い残さずに事故で死んでしまう。
発信機の電池が切れる前にこれを見つけ出さないといけない。
終盤にこの化学兵器の在り処などで話がどんどん転がっていくので飽きずに最後まで一気に見れます。

そしてなにより阿部寛の演技がコミカルで面白いです。筋肉痛で歩くシーンとか声出して笑ってしまった。

2018.5.10.130本目
>|