ふう

ウインド・リバーのふうのレビュー・感想・評価

ウインド・リバー(2017年製作の映画)
-
あまりに自分が無知・愚劣すぎて点数をつけることができませんでした。

冒頭の一文を完全に忘れて、「思ってたのと違うなあ。まあ、もうすぐレンタル期限だし見なきゃね」とだらだら見始めて、
中盤で、「あ、これほんとうなんだ」って愕然としました。自分の映画を見る姿勢、知らない場所の社会問題への無関心さにショックでした。

自分も一応雪国に住んでいて、小さい頃学校の帰り道ひとりで歩いていたら、雪で見えなくなった溝に片足太ももまで突っ込んで抜けなくなってしまったことがあります。
降りしきる雪のなか、誰も通らなくて、長靴からは雪が入ってすごく冷たくて、泣きそうになっていたら誰かに助けてもらえて。
そんなことを思い出しました。
(これは「運がよかった」お話)

うまく映画の感想を言えないですが、この作品と出会えてよかったです。

余談ですが、ホークアイさんは弓からライフルにジョブチェンジしたほうがよさそうですね🏹