ウインド・リバーのネタバレレビュー・内容・結末

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

4.0

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

悪くない。
でも最後がちょっと。
激しい銃撃戦で犯人以外も無くなっている。
なのに2人の穏やかなやりとりがどうしてもしっくりこない。
あと一般人が被害者と同じ死に方を犯人にさせていいものなのか?って考えてしまった。
心情的に同じ苦しみを与えたいって思うのは当然だけど、罪には問われないのかな?
実話ネタは深いですね。
ネイティブアメリカンの女性達への迫害や、性的暴行、まして殺人までが闇に葬られている。
アメリカの黒い負の歴史を垣間見て、心痛みました。
野生保護局のハンター、ジェレミー・レナー深い傷を持つ役どころを熱演。
FBI 捜査官との、心の絆がラストに繋がり、暗いテーマも、希望がみえたエンディング❗️
ネイティブアメリカンたちが追いやられた、雪に閉じ込められた土地ウインド・リバーで発見された少女の死体。誰が彼女を殺したのか、応援の来ない状況で犯人捜しが始まるけど、同時にジェレミー・レナー演じるベテランハンターの娘も過去に同じような状況で殺されていることが判明する。
これは、今回の事件の犯人を捜すと同時に、娘を殺した犯人も突き止める流れだな…!と思って観てたら、残念、娘を殺した犯人はわからなかった。でもたぶん、同じような動機で殺されたんだろうな…と、解釈してる。
誰も助けにこない、無関心な土地。娯楽もない。あるのは雪だけ。そんな環境に居続けたら、こんな事件も起こってしまうんだろうか。
事件の謎解きだけじゃなくて、アメリカの社会の闇にも触れてておもしろい。ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンのコンビがとても好きなので、そこも嬉しいポイント!!
ネイティブ・アメリカンが追いやられた地、ウインドリバーの雪山で女の子の死体が発見された!単身捜査に乗り出したFBI捜査官。女の子の死体は殺人に認定されず、応援が来ない中、ハンターと、部族の警察長と共に捜査をすすめることに。

ふんわりした雪はずっしりと重く、、、、。ただの殺人事件で終わらなかった。静かな映画ならではの重厚感です。シンプルで緊張感もしっかり味わえて雰囲気にまみれました。

ジェレミーレナー、改めて気に入ってしまいました。今回は内なる炎をたぎらせたハンターです。ライフル似合います(笑)突然の銃撃戦にびっくりしました。最後の彼のあの選択は、、、良かったです。実際ニュース見てても、もしも自分だったらって。たまにおんなじこと考えちゃうしなぁ。

アメリカは、、、
単純に思っただけだけど、いろいろと問題が真に根太いですね。土地が広いから多くの人種がいるのもわかるんだけど。なんてゆーか、昔のアメリカは闇だらけだなぁ。治安悪すぎでしょーーー

エリザベスオルセンかわいくてさ、Tバックは見逃さなかったですよ!重いなかでの、ちょっと明るいワンショットです(笑)
あー、しまった。逃してしまった。タクシー運転手に続き本当になんで去年映画館でみなかったのかな。くそ〜

世界が敵に思えることは本当にたくさんあって、でも世界には敵わなくて戦ったら負けてしまう。
それはきっと変えられなくて諦める人と、その変えられない世界に生きる自分の感情と戦うことにした人。

だからこそピートをナタリーと同じ状況にしたコリー。
運じゃなくて、ここでは意志と強さで生かされていることをジェーンに伝えるコリーはとてもやさしくて強い。
運が悪かったんじゃなくて、弱かったんだ。ナタリーは強い娘だった。あの鹿が狙われたのは運じゃないんだ。難しい、でもわかる気がした。

ナタリーをレイプしたと白状したとき女も遊びもここにはないとピートは言っていた。とても哀しくそしてとても弱いひとだった。

わたしの愛しいひとたちが、そのひとたちの大事なひとたちまでもが、
ナタリーのような無惨な死や
ピートのような哀れな死を
むかえませんように。
クオリティすご 隙なし
−30度の世界で過度の運動をするとどうなるかというのがミソ、死因は殺人じゃない、脚本すごい。
レイプ犯撲滅してほしい
実話ベースとのこと。
エリザベス・オルセンが良かった。
卑劣な小悪党が相応の制裁を受けるシーンを観るのは清々しい...
【ストーリー】
ウインド・リバーという年中、雪に覆われた土地。
そこでは、白人に追いやられたインディアンが住んでいる土地。
そこで、ある少女の死体が発見される。
そこに駆け付けた地元のハンターのコリーとFBIの女性ジェーン。
その死体が歩いて来た痕跡から10km以上遠くにある観測所から来たというヒントを見つけたコリー。彼の洞察力が事件に必要だと感じたジェーンはコリーに協力を依頼する。
コリーも過去に娘をこの土地で亡くしていた。
娘はコリーと妻が家を空けている最中、ジェーンは友達を呼び、パーティをしていた。しかし、そのパーティには他人も参加し、パニック状態に。
翌日、娘が家から30km以上離れた場所で遺体となっているのを発見。遺体はコヨーテに食べられ、検死も不可能な状態となっていた。
だからか、コリーは今回の事件も他人事とは思えず、ジェーンに協力することに。
死んだ少女はナタリーという名前で、まず、ナタリーの弟を訪ねることに。
不良の兄弟がいる家にいた弟はそこで、ナタリーの死を聞かされる。コリーが彼と話をすると、ナタリーの彼氏についての情報を聞き出すことが出来た。彼氏はマットという男で近くの観測所で勤務している男。また、兄弟の家から山へ登っていったスノーモービルの跡を見つけたコリーはそれを辿っていくとマットの死体を見つける。
後日、地元の警察官数人と一緒に、マットが働いている観測所に向かうことに。
コリーはピューマを狩る為、途中で離脱するが、そこでスノーモービルの跡を発見する。
そこを辿ると、なんと観測所に続いていることが分かった。
一方、観測所に向かったジェーン達はそこの従業員に事情聴取をし、マットの住んでいた部屋を案内してもらうことに。
ジェーンはマットと同居人のピットという男を訪ねた時、突然、ドアから銃で撃たれ倒れてしまう。
防弾チョッキをしていた為、何とか助かったが、銃撃戦が始まる。
警察官達は全員殺されてしまい、ジェーンも殺される寸前、敵の男が倒れる。コリーが遠くから狙って撃っていた。
次々に倒されていく敵。結局ピットは逃げ延びてしまうが、コリーに見つかってしまい、気絶する。
気付くと雪山の山頂に。
そこでコリーにその日、何があったか話せと脅され、全てを明かした。
マットがナタリーと会っている時、酔ったピット達が帰宅。ちょっかいをかけられ、腹を立てたマットはピットを殴る。
そこから、喧嘩となりナタリー、マットは殴られ気絶。ナタリーは目を覚ますとピットにレイプされていた。マットも目を覚まし、ピットに襲い掛かるが他の仲間達に殴り殺されてしまう。
そこから、ナタリーは逃げ出し、10km歩いた所で力尽きてしまったのであった。
そのことを話したピットは手縄を解放され、逃げていいと言われる。
ピットはナタリーと同じく、裸足で逃げ出すが100m程、走った所で、肺が凍り、吐血し窒息死してしまった。
ジェーンは何とか生き延び、コリーはナタリーの父親マーティンにそのことを報告したのであった。

【感想】
最後にどんでん返し的な展開は無かったが面白かった。娘を亡くした両親の感情やジェーンが最後に女性として、ナタリーと同じ立場になった時、ナタリーの強さや両親の気持ち、色々な感情が溢れ出して泣き出したシーンとか良かった。インディアンの実状がこんなことになってるのも驚いたし、日本でもアイヌ人はこんな感じの生活をしていたのかもと思うと他人事ではないように感じた。
ラスト、「行け!」と行かせて背後から仕留めるの最高。
同じことが何度も繰り返されてるのに統計は存在しない、そして行方不明者多数ってやばいな。

人種問題や人間の欲求、そして山の恐ろしさ全て入っている。

ナタリーの恋人マットを殺した犯人がまさかマットの会社の人だったとは…
ちょいとどんでん返し!

マットは最後に恋人が犯されてるのを見てから殺されるなんてなんとも残虐な…

そしてナタリーは寒い山の中10㎞も走ったのがすごい。
>|