ウインド・リバーの作品情報・感想・評価

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

Yukko

Yukkoの感想・評価

3.8
ネイティブアメリカンを取り巻く陰鬱とした現実を教えてくれた映画

サスペンスものでよくある、謎を解き明かしてスッキリ解決☆ではなく、観終わった後も暗〜い気持ちが後を引く…
後半はドキドキした。FBIの女性がキレイだった。
tddeniro

tddeniroの感想・評価

4.6
ジェレミーレナー出演作品で一番面白い。アベンジャーズの2人の共演だけど2人ともこの作品は最高。俺的にエリザベスオルセンはオールドボーイ以来の当たり役。
kztk

kztkの感想・評価

2.7
ジェレミー・レナー適役だった。

内容は悲しいお話。
悲しい事件だった。事件当時のシーンが見てて本当に辛かった。

極寒の地という舞台設定から生まれる事件や犯人の最後の嘆きなど、色々考えさせられる所が多かった。事件自体は単純なものだが、それ以上に登場人物それぞれの心情が見どころ。殺された女性、その彼氏、親、その友達である主人公、それぞれの気持ちを考えるとなんとも悲しい。

アクションとしてはほとんど最後だけだが、ジェレミーレナーがかっっっこいい。
敵がどこから撃たれてるかわからない中、遠くで一瞬映るジェレミーにはシビれた。あまり感情を出さないが怒りを滲ませ犯人を追い詰めるジェレミーは見てて辛いけどかっこよかった。子を失った親二人のラストシーンも切ないが、かすかに希望を感じさせる。後味もそこまで悪くない。ただ事件はほんと胸糞でした。
なんだか色々考えてしまう映画ですね。

同じ人間なのに、差別をし、迫害され、暮らしを制限され、挙げ句の果てには犯罪に巻き込まれ失踪する。

アメリカの闇を映画化した作品だと思います。
HayYo

HayYoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

パッケージとか作品の冒頭見て、骨太のサスペンス映画なのかなって思うじゃないですか。



違うんです。
ジェレミー・レナーが悪人たちをぶっ倒すのを楽しむ映画なんです。
アベンジャーズコンビ最高。
特にジェレミー・レナーがほんとかっこいい、
イーストウッドみたいだった。

先住民が住む雪山というシチュエーションで起きる悲惨な事件にジェレミー・レナーの寡黙さが加わると結構しんどくなるところにエリザベス・オルセンのちょっと抜けた役がいいバランス。
カタルシスを感じる場面もあり、
救いの手を感じる場面もあり。
何より自然に対する緊張感というか畏怖を感じさせる。見応えあり。
田中田

田中田の感想・評価

4.0
世界には勝てないから自分の感情と戦う
はい、そうします
>|