ウインド・リバーの作品情報・感想・評価

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

4.0

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

緊迫感と哀愁の映画。凄い良かったです。
sakiko

sakikoの感想・評価

4.0

少女は生きるために走り、
男は逃げるために走った。
このシーンの対比がすごい。

映画の中で出てくる台詞がどれも突き刺さる。

男とウィンドリバーに娘を奪われた父親たちの顔が強烈に脳裏に焼きつく。

このレビューはネタバレを含みます

トレーラーに突入する前の銃を向けあうシーンとか 、 突入時に事件の真相がわかるところとか 緊迫した感じが好き
yudai

yudaiの感想・評価

4.0
運の悪さでは無く それは弱さで、運が良かったのでは無く それは強さなんだと 教わった映画だった。 ハンターとして、父親として、人間として尊敬出来る主人公に感動。
ぺー

ぺーの感想・評価

3.7
極寒の地の静かな雰囲気の話しなのだが、内容は熱い!

全部見終わったあとにジャケットの画像をみるとくるものがある。
rodem

rodemの感想・評価

4.0
白くて美しすぎて悲しく映る景色
先住民はどうしてこんな極限の荒地に住むのか?
他に選択権は無かったのだろうか?
苦悩と悲しみが癒されない寒い国で
さらに悲しいひとつの事件の物語

ジェレミー・レナーっていい役者だったんだと再認識させられた
久々にいい映画でした
それとシェリダンの物語は見終わった後の余韻の残り方がけっこう好きです
狂声

狂声の感想・評価

3.7
大好きなジェレミーとエリザベスのタッグ
病院のシーンとかほっこりしました

ただ、映画の内容は切なく重いものでした
色んな悲しみが雪景色の中で増幅されており、静かな中に響く銃声や雪を踏む足音。

娘を失った父親同士語り合う場面や自分の娘に起こったことを捜査官のジェーンに話す場面ではもらい泣きしました

こんなに白づくめと銃器が似合う男性います!?
s

sの感想・評価

-
獣は、どこに潜む
メインとなる事件の周りにも居留置の闇が描かれている。
人間らしい生活とは。
内容はしんどい。
問題提起。
KotaroTT

KotaroTTの感想・評価

3.8
・テイラーシェリダンのフロンティア3部作
・井戸水
>|