ウインド・リバーの作品情報・感想・評価・動画配信

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

3.9

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

A

Aの感想・評価

4.2
特に女性の方が鑑賞すると怒り、悲しみ、無力さ、虚無感に襲われるような…最後は少しスカッとするが
感情はグチャグチャにされる映画。

でもこれが、現代も抱えてる性犯罪の闇とリアル。
映画だとは言え、最後のテロップは
もう怒りなど越えた境地に置いていかれた気分になりました。

あの少女は、裸足で10キロもの雪道を走り逃げ、恐怖の境地を越え無心だったのではないだろうか。
少女の気持ちを考える度に胸が張り裂けそうになりました。

そう、凄く重い重過ぎる内容。特に女性にとっては。
ですが、こんなにも繊細で濃ゆくて忠実に社会の闇へとメッセージが込められてる映画は、もっと世に広まるべきだと思いますし、それが映画とゆう娯楽でもあり、人の心を動かす力を持つ唯一の方法だと、この映画を観て感じさせられました。

映画内での一言一言のセリフも凄く深くて、身に染みました。
役者さんの演技も素晴らしかったです。
そんな所も注目して観て頂きたいです。

メッセージ性が強い映画が好きな方には尚更オススメしたい作品です😎
2020年 4本目
Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.0
雪深いワイオミング州のネイティブアメリカン居住地を舞台にした社会派サスペンスの良作。
雪山で少女の遺体が発見されるという事件を通して、アメリカに潜む闇を炙り騙す構成が見事。ネイティブアメリカンが僻地に追いやられ、まともに人権を尊重されることなく暮らしている実態があることに驚かされる、最後に明かされる事実にも。
寒々しく陰鬱な雰囲気が終始付き纏い、マイナス30度の銀世界のなかの人間の小ささが際立つ。ジェレミー・レナーの人間味があり骨太な演技が素晴らしい。
これが事実なら悲しすぎる

深い雪の映像が、すごく澄んでいて
それが恐ろしさを助長してた気がする.....
蟻んコ

蟻んコの感想・評価

4.5
ネイティブアメリカン保留地
重い内容だが、とても勉強になる映画でした
ガンアクションよき
Kohei

Koheiの感想・評価

4.0
テイラーシェリダンの脚本、すごい好き。
砂漠の乾きとは違うが似ている、白の世界が肺を凍てつかせる乾き。
砂に滴る血とは違うけど、どこか似ている、冷たい空気が喉を撫でて血を滲ませ感覚。
ビリビリ伝わってくる。
派手なアクションとは別の、1発の銃弾が状況を一変させるような危うい雰囲気にいつも痺れてしまいます。
aim

aimの感想・評価

4.0
冒頭に映し出される、逆さまの星条旗。これが一体何を意味しているのか。
アメリカにとってはかなりセンシティブじゃないけど、ネイティブ・アメリカンのイメージに関して現代的なトピックだったんじゃないかな。話としても面白かったし、生きる意味と、「死」についても考えた
スリラーサスペンス好きとしては真っ白な背景に真ん中に血のの表紙でビビッときて鑑賞したけど、満足な作品でした!
白い雪の中に全てが呑み込まれていく

被害者とその家族が痛いほど伝わってくる
ワ

ワの感想・評価

3.9
鑑賞中ずっと、静かに映り続ける雪の白が何よりも怖くて仕方なかった
映画を見てると日々自分の勉強不足を痛感することばかりだけどこれもそうだった 自分の知らなかった世界を知るキッカケになったし、見られてよかった
人間ってほんとに愚かで弱くてちっぽけな生き物だなっていつも思ってるけど改めて思わされる その中でも作中の主人公たちの様に強く、優しく、あたたかく生きている人はもちろん少なかれどいると思うけど 善悪ってキッパリ二つに分かれてる訳じゃないし 世界に対する遣る瀬無い絶望と同時に強く生きていかねばと思わされる映画でした
>|