ウインド・リバーの作品情報・感想・評価・動画配信

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

3.9

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

実話かよクソッタレ
YMB

YMBの感想・評価

-
ポスターデザインに惹かれて
カーハートの服が似合うこと

目閉じるほど重たくなるシーン多し
ka

kaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

映画の流れは事件について明らかになるというものなんだけど、事件が解決されたからとて晴れるものは私には何も無くて、深い傷が残った

ちょっとお門違いかもしれないけれど、失恋したいと思った(ただ単にフラれるやつじゃなくて、しっかり深く愛し合った上で失う)

映画歴浅浅の浅だから、今まで観た映画で痛みを忘れるなモノ(我ながら酷い括り)は『君の名前で僕を呼んで』が私の中では代表作だったんだけど、並ぶ気がした、というか痛みを抱えて生きるって教訓なのか?強すぎない?
それが教訓だとして、実際それに倣う人が多いのであれば、もう全人類が尊過ぎます

めっっっちゃ当たり前のことなんやけど、(この映画に限らず)映画自体は凡ゆるストーリー性(サスペンス、とかラブロマンス、とかいうジャンル)に富んでいるけれど、登場人物からしたらそれが一つのストーリーというか、全てを受け入れ受け止めて、生きていく、感じが、この映画は特に強かった、私的

強かった、お父さんとFBI(相変わらず登場人物の名前覚えるの苦手)
TJ

TJの感想・評価

3.8
「この町はすべてを奪う」という言葉の通り、凍てつく大地の上で意志のない弱者から奪われていく。それはこの話の事件それ自体の描写としても正鵠を射た言い方であるが、背景にある世間一般の先住民族への不作為や冷淡さに関する含意もあって秀逸さを感じた。
ミステリーのオチとしては想像を超えるものではないし、そこに訴求している話でないが、マイノリティーの社会課題や自然の摂理をモチーフにした勧善懲悪的制裁が妙に合っていて腹落ちした。獲物を追うハンターは痕跡を見逃さないんだね。
ラスト30分衝撃的すぎる。。
ジェレミーレナーはやっぱりアベンジャーズだった。
Qbert

Qbertの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジェレミーとエリザベスオルセンってもう…ホークアイとスカーレットウィッチじゃないですか…結構見るの楽しみにしてたんだよね。

私だったら報いが足りないんじゃないかと思うほどだったから最後も言葉にできない悔しさが残ったし、女だからさらに悔しいと思ったってのもあるかもしれない。幸せな空間だったからこそ、その後が地獄に思えた。

このレビューはネタバレを含みます

銃撃戦のシーンは手汗が止まらなかった
最後は直接手を下して殺すのではなく死んだあの子と同じ条件下に置くシーン、一番酷い殺し方だけどなによりも相応しい殺し方だと感じた
スー

スーの感想・評価

4.1
これが実話ってどういうこと?怖すぎる。

強さってかっこいいし憧れるけど普通に手に入るものじゃない。
自分とはかけ離れた世界過ぎて恐ろしかった。
力強い作品

最果てに追いやられたネイティブアメリカン

自然の前での絶望感

大自然と一体化して生きる男。決意のようなものを感じる

そのまた過酷な自然を受け入れて成長していく若い娘


テイラーシェリダンは野太い作風が好きだけど、監督も兼任したこの作品が一番好きかも

ジェイミーレナーも良かった。引きつける魅力と、強さになかに包み込むやさしさをみせる演技力にも磨きがかかってきてる。

二人とも今後も要チェックしたい
>|