ウインド・リバーの作品情報・感想・評価・動画配信

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

3.9

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

Yumi

Yumiの感想・評価

3.7
女として見てて辛くなった
救いなんて一ミリも存在しないな
RRR

RRRの感想・評価

3.8
この映画が、実話を元にできている
ことが悲しくなりますね。
まみ

まみの感想・評価

3.0
ネイティブ・アメリカンと彼らを取り巻く環境について考えさせる作品だった。

実話ベースとはいえ、いい具合にまとまっていたと思う。
Dee

Deeの感想・評価

4.4
これは実際にあった事件に基づく話であることが、一番悲しい
凪

凪の感想・評価

3.9
課題で鑑賞

だんだん面白くなる
シリアスな社会問題を上手く映画にしている
Nei

Neiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

雪に覆われる世界
インディアンコミュニティという世界
肌の色が違う事に意味がある世界
FBIの職責に与えられた世界


登場人物の全員が自分の置かれている状態に諦念であったり怒りや窒息感を抱いている状態のこのお話し。

人がぽろぽろいなくなっても社会問題にならないのは、それが大人だからなのか、女性だからなのか、それとも白人でないからなのか。
映画をずっと見てきて白い世界の冷たさを知った観客には、再度示された「彼女が10キロを逃げ続けて息絶えた」という言葉が、より現実味を帯びて伝わったように思う。
寒さと苦しさと恐ろしさの中で、雪に足を取られ、真っ暗な場所を10キロ……

人が人として扱われる為には何がどう変わることが必要なのか。
個人の精神論の話ではない。
この作品の主旨は、制度に抑圧された人間の行為から見る社会制度の杜撰さにある。
それを考えさせられる映画だった。
つばさ

つばさの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

印象的なパッケージだけど、なんとなく頭を使いそうで見てなかった映画。
冒頭に実話を基にしたと字幕が出るので気を引き締めて鑑賞。
結果、見てよかった。
まさかアメリカ先住民に対する差別をテーマにした映画とは思わなかった。

どの程度事実に即して制作されているか知らないけれど、実際に起こった事件とは思えないくらい悪質で気分が悪くなる。
犯人を突き止められたのはまさに二人の執念の賜物。
大切な人を理不尽な目に遭って失った人(特に娘を失った父)の想いに寄り添おうとする映画であると同時に、多くの人にアメリカ先住民の歴史や現状を知るきっかけを与えてくれる希少な映画。
aktmovies

aktmoviesの感想・評価

4.7
『ウインド・リバー』(2017)
原題:Wind River
監督:テイラー・シェリダン

傑作。終始張り詰めた緊張感が漂う超一級サスペンス。現代アメリカの抱える闇をこれでもかと見せつけられ、先住民を巡る社会問題の根深さを思い知らされた。監督のテイラー・シェリダンは『ボーダーライン』や『最後の追跡』の脚本家ということで、本作のクオリティの高さに納得。ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンというMCUコンビも見事にハマった素晴らしい作品。

#ウインドリバー #windriver #ジェレミーレナー #jeremyrenner #エリザベスオルセン #elizabetholsen #テイラーシェリダン #映画記録 #映画好きな人と繋がりたい #映画鑑賞 #映画鑑賞記録 #映画メモ #映画 #映画部
>|