ウインド・リバーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

ウインド・リバー2017年製作の映画)

Wind River

上映日:2018年07月27日

製作国:

上映時間:111分

3.9

あらすじ

「ウインド・リバー」に投稿された感想・評価

底知れない歴史の闇
ジェレミー演じるランバートのスナイパーぶりがかっこいい。
アメリカのワイオミング州の雪景色の中で淡々と物語が始まると、何となくアカデミー賞作の「ファーゴ」を思い浮かべたが、そこにブラックユーモアは無く、実に淡々と、そして、ジェレミー・レナーが新境地のような存在感を醸し出している

FBI捜査官役のエリザベス・オルセンは対照的に飄々とはしているが、捜査には情熱的

全体的に派手さは無く、娯楽作ではないが映画としては近年のコミック実写化や、リメイク作品のオンパレードに飽き気味の方々には、たまにはこういう落ち着いた作品も良いかも知れない
アメリカ社会の抱えている闇が浮き彫りになった感じ。重い。だけれど、そういう国、そういう土地もあるんだという現状を知るきっかけになったし、警察や法の行き届かない極地の凄惨な状況を多くの人に認知させるきっかけにもなったかもしれない。すごく暗い話だけど、最後はすっきりできて良かった。
これは我々が知っている、TVで見るアメリカとは違う世界。黒人差別より更に埋もれた暗い部分。
圧倒的に弱者故に埋もれてしまっている事実の物語。
見ず知らずの女の子の10kmを思って泣いてしまえる人と、真相発覚後の断罪に自分の手を動かせる人、ともすれば哲学がぶつかり合いそうな2人の合致であのラストなんだなあ。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

【銀世界サスペンス】
ナタリーの死因・犯人を追求する物語後半はハラハラしたけどスカッとしたなぁ。まさに「目には目を、歯には歯を」。
ラストシーンは色々考えさせられるし感動した。
ネィティブアメリカン女性の失踪者という実話を元にした作品であるということで、作品の中には色々考えがいのある要素がありそう。(まだ見終わったばかり)
へぷた

へぷたの感想・評価

3.8
人も自然も厳しい辺境の絶望感に満ち溢れた作品だった。どうにもならない理不尽さや閉塞感を一面雪景色の舞台が体現していた。”世界”に何を奪われても悲嘆に暮れているだけじゃ何も変えることはできないというメッセージを感じた。主人公の「感情と戦う方を選んだ。世界には勝てない。」というセリフがそれを表していると思う。
黒人差別が取り沙汰される昨今のアメリカで日の当たらない場所で同じように苦しんでいる人たちがいることを、この映画を見た人間として忘れてはいけないと思った。
本筋とは無関係だが、銃声や銃の扱い、撃たれ方など銃に関連するシーンにかなり注力していた印象を受けた。
ぼみ子

ぼみ子の感想・評価

4.0
深刻な社会問題をまた一つ学べた気がする。メッセージ性が凄く強い作品。

ネイティブアメリカンについては学校でサラッと教科書で勉強しただけで、今の現状を全然知らなかった。

広大な土地に警官がたったの6人!?しかも登場人物が極端に少ないのが 凄く閉鎖的な印象を受ける。

実際にこんな事件が起きてるなんて胸糞だし、闇が深すぎる。
そんな現実があるとは全く知りませんでした。とても勉強になりました。
あぁ現実に本当に起きてるんだなって実感した。

知ってはいたが自分の体感として現実感が薄かったけど、これを観て凄く現実味に感じた。

ずっと緊張して観てたせいか、お茶の消費が激しかった。