イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

11 minut/11 Minutes

上映日:2016年08月20日

製作国:
  • ポーランド
  • / 上映時間:81分
    監督
    イエジー・スコリモフスキ
    キャスト
    リチャード・ドーマー
    ボイチェフ・メツファルドフスキ
    パウリナ・ハプコ

    「イレブン・ミニッツ」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2017/01/04
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    去年見ていたのですが、鑑賞メモを忘れていました。

    ある11人の、5時から11分間に起こるそれぞれの物語。


    相関性のないそれぞれのエピソードが、ラストのある一点で交わる。

    でもそれが、”すべては必然”というテーマに落とし込まれていないところが良かった。

    伏線を回収していって点が線になる、というものでなく偶発的に起こった出来事がラスト一点で重なり合うような。
    でもその一点は混沌とした世界に埋もれてしまうような、小さな点。


    ”神の視点”を思わせるようなラストも格好良かった。
    TS
    TSの感想・レビュー
    3時間
    3.3
    いろんな場面の
    いろんな人の
    11分間に迫るストーリー

    ネタバレできないので
    サクッとみれるので
    とりあえず見るべし
    べけべけ
    べけべけの感想・レビュー
    1日
    -
    非常に残念ながら、結構真剣に深読みしながら見たつもりが全く響かず。ある意味でどこかありきたりで…のわりに少しナンセンスなところも受け入れがたかった。必然的な偶然みたいなことをいいたいのかなぁ。勝手にサスペンスを想定していたのもあり、案外あっさりしてたのも不満の種かも。
    たつたYA
    たつたYAの感想・レビュー
    1日
    3.0
    えへへへ(笑)
    あかさ
    あかさの感想・レビュー
    1日
    3.5
    宇宙人オチだと思ってワクワクしてたのに…
    トゥン
    トゥンの感想・レビュー
    2日
    3.4
    斬新で難解だったけど、心惹かれた。
    おにぎりボーイ
    おにぎりボーイの感想・レビュー
    3日
    3.7
    意地悪な映画。こういうのも好き。
    それぞれの人物の11分間が微妙に絡み合い、そしてすれ違い、ある一つの運命へと収束する。
    どんな幕切れを迎えるのか、様々な予測を巡らせる観客を唐突に見放すかのようなラストの衝撃がとてつもない。
    不安を掻き立てられる演出と音楽、ミスリードを誘う謎めいた脚本、時系列を複雑に交差させた編集にグッと引き込まれ、82分があっという間です。
    りのあはコマンチ族になる
    りのあはコマンチ族になるの感想・レビュー
    3日
    3.2
    TSUTAYAで「超絶観たい映画」というコーナーに置いてあったので興味を持ちました。

    5時から5時11分までの間の11人と1匹(犬)の群像劇。

    最初はバラバラに過ごしている他人同士が最後は同じ場所で…ということで
    それぞれの物語をドキドキワクワク見ていたので、最後まで楽しめました〜!
    …と言いたいところなのですが、
    いや、実際楽しめたのですが、
    途中で謎に思った事が全然わからないまま終わったぞ(笑)
    それでいいんだったら、普通に面白かったけどね。

    でもできれば全部わかった方が良かったと思うんだけどね!
    ちょり
    ちょりの感想・レビュー
    3日
    3.0
    ファイナルがデッドコースター
    >|