奇跡の教室 受け継ぐ者たちへの作品情報・感想・評価

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ2014年製作の映画)

Les Heritiers

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。 ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっ…

貧困層が暮らすパリ郊外のレオン・ブルム高校の新学期。様々な人種の生徒たちが集められた落ちこぼれクラスに、厳格な歴史教師アンヌ・ゲゲンが赴任してくる。情熱的なアンヌ先生は、生徒たちを全国歴史コンクールに参加するように促すが、「アウシュヴィッツ」という難しいテーマに彼らは反発する。 ある日、アンヌ先生は、強制収容所の生存者を授業に招待する。生き証人の悲惨な状況を知った生徒たちは、この日を境に変わっていく――。

「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」に投稿された感想・評価

Ellie

Ellieの感想・評価

3.7
『歴史は学ぶのではなく、理解する』
このセリフがとても印象強い作品でした。

落ちこぼれの生徒たちの成長ムービーは、音楽をテーマにした作品をよく見ますが、これは歴史がテーマだったので色々なことが学べる作品でした。
生き証人が自身の体験を語るシーンはドキュメンタリー映画を見ているような雰囲気があり、すごく見入ってしまいました。
フランス版金八先生のようで、こんな先生と出会いたかったなーと感じる良い作品でした。

ただ、所々繋がりが見えにくい部分があるのと、歴史コンクールがどんなコンクールなのかもっとわかりやすく表現してほしかったなーと思いました。
ればこ

ればこの感想・評価

3.5
えーと、実話を元にした映画を観ると私がたまに陥る「世界仰天ニュース現象」が起こりました。名称通り、世界仰天ニュースをみてる感じになるやつです。
いやぁ、良い仰天ニューススペシャルだったなって思いました。

お話は、ダメなクラスがホロコーストをテーマとした論文コンクールに参加するために勉強を重ねてまとまっていく話です。

フランスの映画なので生徒の名前があまり耳に馴染まず、最後まで観て名前を覚えられたのは主役のゲゲン先生が辛うじてと、あと耳馴染みがあるからか生徒のジャミラちゃんだけ覚えました。ジャ〜ミ〜ラ〜。
odasu

odasuの感想・評価

3.5
実話かー。先生がすごい。こういう教師に出会えた人は本当にレア。これは努力だけじゃなくて運も味方につかないとダメだ。今時の若い子だから、いろんな情報に左右されながらも生の声を聞いたり、先生の助けを借りたり、自分の思ったことを言葉に出して発信する貴重な体験ができたことが羨ましい。
ペコ

ペコの感想・評価

3.8
多感な思春期 それに加え人種、民族、宗教も入り混じり難しい環境の中 ただ生徒達を信じて授業を行う1人の教師。ナチスが行った大虐殺で生き残った子供達について調べて行くうちにバラバラだったクラスがまとまっていく姿はとても感動した。収容所からの生還を果たしたジゲルさん本人の講話のシーンは泣ける。
学びはあるが、吹き替えで見たせいか不快なキャラクターが多いのでなかなか感情移入できず微妙でした。先生が頭沸いてて中学時代を思い出した。
うめ

うめの感想・評価

3.7
過去鑑賞
様々な民族や宗教が混在する、ある高校の落ちこぼれクラス。ホロコーストをテーマにコンクールへの出場を目指しひとつにまとまっていくサクセスストーリー。
フランスという視点からの内容は新鮮で面白かったが、流れが淡々とし過ぎてしまい、抑揚や話としての盛り上がりに欠ける部分があったように感じた。
それでもやはり最後のシーンは感動でき、「フリーダムライターズ」や「天使にラブソングを2」などと同様に、周りの大人たちが及ぼす子供たちへの影響力の大きさを感じた。
まず、構成・設定がイマイチよくわからない。

進行が作り手の勝手すぎて視聴者は置いてけぼりにされてる感じ。

生徒それぞれの背景や気持ちの動きや変化の説明がなく、いきなり教室に集まるのは意味不明。

クラス崩壊してるのになぜいきなりまとまるのか説明なしで中途半端。

フランスの歴史・政治背景をわかっていないと即座には理解できない部分がある。

コンクールの発表内容がわからずモヤモヤが残る。

あと、これは完全に個人の好みの問題だが、終始手持ちカメラの映像は疲れる。

せっかくの実話で良いテーマなのに本当にもったいないという感想。
みわ

みわの感想・評価

3.4
先生が本気だから生徒も本気になった。
信頼って言葉だけじゃ得られないのよね!

取り扱うテーマはずっしりと重みがあるけどそれ以上に子供たちの学ぶ姿勢や学ぶ環境、それぞれの家庭とかそういうサブテーマ的なことのほうが興味深く感じた。
こんな先生に出会いたかった、というか今まで出会った先生たちもきっとゲゲン先生と同じく私たち生徒に熱意を持って接してくれていたはず。。
学ぶとは、学ぶ喜びとはということを考えていました。
>|