ペイン

帝一の國のペインのレビュー・感想・評価

帝一の國(2017年製作の映画)
4.3
映画大好きマンほどこの手の映画はどこか“舐めてかかる”または“舐めてスルー”するところがあると思う。正直自分も観る前は高を括って舐めてました。

ただ間違いなく近年の漫画実写化では「ちはやふる」と並ぶ傑作だと思います。もう全てが突き抜けてる!

とにかく抜群のテンポと抜群のギャグと今をときめく若手イケメン俳優の輝きと作品全体のキャッチーさに呑まれてしまいます。

アクが強いながらも愛おしいキャラを若手俳優たちが完璧に体現してます。細かく言ってくとキリないけどほんと全員素晴らしいです。

あと個人的にツボだったのは皆さん仰られている採点シーンではなく、野村周平が竹内涼真に放った“お前少女漫画の実写化みたいなやつだな”というセリフです(笑)

あと噂のエンドロールの永野芽の“美美子ダンス”はほんとにめちゃ可愛いですね。

とにかく爽快痛快で完全にナーメテーター案件な映画でした。それとこの映画が最後に突きつけてくるものは中々に深いぞ。