帝一の國のネタバレレビュー・内容・結末

帝一の國2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

3.8

あらすじ

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落と…

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロイヤル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!

「帝一の國」に投稿されたネタバレ・内容・結末


イケメンたち集めてこんなキャラ強い役ばっかりやらせてるのすごい豪華、真剣にギャグやってる。
野村周平、リアルのび太くん?(見た目)

帝一が大鷹弾と外部入学試験の店数競うところ、狂気じみてて好き。帝一もだけどお父さんも笑うくらい一心。

「君たちのことだよ」→ クリープの流れがかっこいい。そしてエンディングの美美子がめちゃくちゃ可愛い
面白かった!
邦画でしかも、学園モノなんて普段まず観ないんだけど、これは観て正解。
ストーリーの流れがテンポ良く飽きなかった。
父親の夢を押し付けられた子供の苦悩物語で、最後は、父と和解。
自分の夢を追う……みたいな話なら、つまんないんだけど、これは、違ったね〜

結局、どんでん返しの選挙戦のあのあとも、総理の夢を捨ててない。あの腹黒さが逆にカッコイイ!!

母の血を濃く受け継いだようで、実は父の野心もしっかり、受け継いでる!
漫画からの実写化だが、配役が素晴らしい。前半まではよかったのだが後半はなんだか良いお話にする路線になってしまって残念。ギャグ一辺倒でも観てみたかった。
若手イケメン俳優達の魅力が詰まっている。
ピアノのために総理になりたいは無理やりすぎる。
面白かったー
菅田将暉がイケメンだと思ったことは申し訳ないけど正直一度もなくて、どこがイケメンなのか今でも本当に分からないけど、すごい俳優さんなんだなあと改めて思ったし、そう言う意味でめちゃくちゃかっこよかった!
それと学ランに帽子かぶった竹内涼真はまじでかっこよい。
私の中でツボにはまってしまい、映画館に2回ほど見に行きました。そして、DVDも購入させていただいたほどハマりました。俳優さん一人一人の演技が素晴らしく、それぞれの俳優さん達の良さが引き立っていたなと思いました。細かいところまで面白い。帝一の野心(帝一だけじゃないですが)に最後の最後まで振り回されて挿入歌の入り方も最高でした。これからもDVDで見続けます。
最後は改心してしまうのかと思ったけど、そんなことはなく
菅田将暉という俳優は本当に素晴らしい。
コミカルな役からシリアスな役まできちんとこなすなぁ。

生徒会長の座を狙うためのあれこれがあるも結局最後は愛が勝ちその上行く策士の勝利!と、ちゃんとストーリーとしても面白く
女子の喜ぶタイプ様々なイケメンも見られてエンターテイメント性のある映画だった。

エンディングとてもかわいかったしクリープハイプの歌はとてもあっていたけど
主演やら脇のイケメンたちは出さなくて良かったのかなとちょっと(それ目当てで来た女子高生とかに申し訳ない気がして)心配になった。

続編あっても面白そう。

でもとにかく私は菅田将暉!
菅田将暉をもっとみたい。
おもちゃぽい色合いとライティングに飽きた 方向性はあってるけど形式主義には達しきってない ものがたりの量が多いから難しいてのはあるけど
しかも捌ききれてないし 菅田将暉と竹内涼真の仲直り早いなとか間宮祥太朗ふつうに勝ってるのに焦る意味とかなんで千葉雄大が再逆転したんだとか、話もキャラもとんどん薄まってった
ただまったく絡んでこない永野芽郁をエンドロールで活かす荒業には驚嘆した
菅田将暉くんにオチた映画。
非常にコミカルで実写映画としてもすごく良い出来だった。だからこそ無理やり詰め込むのではなく、前編後編で丁寧に作って欲しかった、、、、。勿体ない、、、。前半まで原作をうまくリスペクトして作っていて、おそらく前編後編にさえすれば本当に完璧な実写映画になったと思う。無念。私が石油王なら金を渡していたのに、、、。
>|