帝一の國の作品情報・感想・評価

帝一の國2017年製作の映画)

上映日:2017年04月29日

製作国:

3.9

あらすじ

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落と…

全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。政財界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新1年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作る」こと。その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっているのだ!」。誰よりも早く動き始め、野望への第一歩を踏み出した帝一。待ち受けていたものは、想像を絶する罠と試練!友情と裏切り!究極の格付けバトルロイヤル!いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!!

「帝一の國」に投稿された感想・評価

cidle

cidleの感想・評価

3.2
漫画原作っぽい寒さやくだらなさがあまりなくてよかった。投票シーンの裏展開があったり、帝一の歪んだ性格が一貫していてストーリーも面白かった。菅田将暉の演技が上手。
渡

渡の感想・評価

4.1
主人公がクソで感情移入しにくいタイプの映画きたなっていう感じ。
それでもそれを凌ぐクソ悪役の存在のせいでいい感じに観れる。だいぶ面白い。これは漫画。漫画なんだけどさ。
おれが観る竹内涼真は毎回人間ができすぎてて逆に好感が持てない。
菅田将暉の私服がクソかっこよくてビビる。3回ぐらい巻き戻した。
テンポが良くてさくっとみられる
今をときめく若手俳優さん達が
キャラが濃い役をこなしていて見ていて面白かった
千悟飯

千悟飯の感想・評価

4.0
ざっくりいうと、総理大臣になり自分の国を作るため、まずは生徒会長になろうっていう話。
最後のどんでん返し的な流れはすごく良かった。あくまで俺様の帝一。続編に期待。
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

4.3
最後の一言がカッコよすぎる。
この一言が決まったことだけで面白い映画見たってなる。

マイムマイム事変も最高。

マイムマイムの不思議なメロディー
子供の頃から刻まれているリズムにみんな飛びついた

ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!

ここの氷室先輩の惨めさがヤバイ。

踊りたぃい!!

そして、エンドロールのすずめちゃんのギターが可愛すぎる。
恋は雨上がりのようにをみたから、これもちゃんとノーカット版でみてみた。

この監督ってダイナミックな演出がない気がする。
すごくシンプルで味気ないし、わけわからん展開ほどシュールに見える。
悪く言えば抑揚がないから、インパクトあるシーンがない。
故に、いいのか悪いのか、原作が良いとダイレクトにその良さが伝わる。
悪い原作と脚本だったら最悪だろうな…。

ちなみに、今回の原作は途中まで読んだ。
途中というのは、ジャンプSQ.19での連載開始から移籍するまでというのは自慢したい…。
原作の話はもともとジャンプスクエア(月刊少年ジャンプ)の増刊として3ヶ月に一回しか発行されないジャンプSQ.19で連載されていたが、人気過ぎてスクエアに移籍し、さらにそこでも看板漫画になるという、まさに帝一のような漫画。
異色な作品が多い中でも、飛び抜けてぶっ飛んでた。

この作品をイケメン揃えて映画化したことは大正解。
菅田将暉の配役は素晴らしい。
あと、オーバーになり過ぎないぶっ飛び方も良かった。
オチも秀逸。

しかし、味気なく感じてしまう…。
高級で美味しい白ご飯をひたすら塩で食べさせられてるような、贅沢だがもったいない心境。

昨今の漫画実写化では成功例だとは思う。
だけど、漫画実写化のお手本ではない。
爆笑したりもせず、
だめだなーと思うこともなく。
野村周平にはイライラ。
努力もしない気張った奴は嫌いだ。
(見えないところで多々努力されてるのはわかってるけど。)

生徒会長選挙がだいぶさっぱりしてたなぁ
生徒会の選挙でたことあるけど、全然こんなんじゃなかったなぁ。
でもサブはとても大事。信頼関係

このポスターの竹内涼真は
映像のがかっこいいと思う。
あと千葉雄大はかわいい。
そしてギター持って踊る永野芽郁ちゃんで
オールオッケー。
acco

accoの感想・評価

4.0
イケメンのわちゃわちゃ具合と
全力の演技と、いろいろな人間関係と
楽しく真剣に見れる作品。
あかばていいち!98点!
親子でテストの答え合わせをするシーンが
大好きすぎる
わたる

わたるの感想・評価

3.1
面白かった。菅田っぽくない感じ(逆に菅田っぽい??)が妙に心地よくテンポいいストーリーも、よかった。深すぎないからこそ気兼ねなく観れます。
漫画が最高なので映画も良かった🤝

あと、後半に差し掛かりこのペースだとエピソード2とか続編とかあるのかな〜と思ってからのエンディング潔くすっきり終わってそれも良かった

配役バッチリで感動した
>|