ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価


なんか色々意味深で

こいつあ実はなかなかの大作じゃないかと前半勘ぐって

後半見て

びっくりするくらい普通やんという
りん

りんの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

思ったより悪くなかった
主人公がのんびりしててちょっとイライラしたけど幼馴染とサイドカーで逃避行したから推さざるを得ない
巨大ロボに翼が生えて宇宙に飛んでくところで笑っちゃった
悪役が気持ちいいほど開き直っててそれもいい
Runa

Runaの感想・評価

3.1
●試写会で鑑賞
つぐ

つぐの感想・評価

3.4
良作になれそうでなれなかった感
りょう

りょうの感想・評価

3.0
高畑充希のデイドリームビリーバー目当て
HIRO

HIROの感想・評価

3.3
昼寝したくなる映画とかではありません!
rio

rioの感想・評価

4.5
こころねひとつで
人は空も飛べるはず

面白かった~☆ 2時間ずっと引き込まれて見てました☆
夢と現実が不思議にリンクしていく☆
お父さん頑張れーって応援してました^^
高畑充希の声がほんわかしてすごく癒されます^^
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.7
日常系かと思いきや、SFとかファンタジー要素強め!自動車の自動運転化がキーワードになった話だなんて想像してなかった。
父親が聞かせてくれた物語→ココネの夢と、現実世界がリンクして話が展開されていくというストーリーだけど妙にそのリンクがわかりにくい(笑)
エンディングがいちばん良きだった◎
神山監督作品ですし、TSUTAYAの1階で借りられるので(11月末に転んだだけで、足の骨が折れて…年です、TSUTAYAの2階がめちゃ遠く感じます…おかげで『ゲット・アウト』も見逃しました…)今年の見逃し作品第4弾として見ました。


神山さんは、あのシンゴシのかなり早い段階での脚本に関わっていますし、進化についてもかなり意見を出してとみたいですし、何と言っても攻殻機動隊の監督なわけで、ただの日常系ではないのではないか?と予測したわけです。


岡山県に住み女子高校生のここねは父親と二人暮らし、母は既に他界しているようです。そんなある日、黒服の男たちに絡まれ…というのが冒頭です。


車、に興味がある方には、結構オススメ出来る
作品だと思います。かなり車という乗り物に対しての想いが感じられます。逆に言えば、車に興味が薄いと、ちょっと厳しいかも知れません。

面白いと感じたのは、夢と現実のリンクの仕方です。ある意味かなりぶっ飛んだ、しかし考えようによっては上手い扱い方をして、スリリングな出来栄えになっています。

まあ、何処かで見た、と思わせるシーンは多いと思いますし、あの城のシーンはカリ○ですよね。他にも細田監督っぽい部分もありますし、言い出せばいろいろありますが、とは言え、そんなモノの神山風アレンジを見せてくれる作品だと思います。

途中明らかになるあるポイントは、結構私には驚きがあり、新鮮でした。

しかしここ10数年、ずっとポジティブでアクティブなのは女子ばかりなんで、そろそろヤンキーでない能動的な男主人公は必要だと思います…


神山監督が見せたかった家族的な繋がりの物語です。
saaayu

saaayuの感想・評価

-

想像していた話と全然違った!
思ったよりはひるねしてなかった。笑

話の筋があんまりはっきりしないまま進んでいって終わっちゃった印象がある。予告であったように「何で1日眠たい」のかとか、個人的に気になる部分が残っている
想像以上にファンタジー要素が強めな感じ
タブレットとか自動運転とか、時代だなあと感じた 舞台が東京オリンピック3日前というのもあるけれど
あったかい作品だなあと思った

お父さんとお母さんのエピソードが全く語られない本編の後のエンドロールが一番心に沁みた 素敵だった!
本編を観た後にエンディングの曲を聴くと、違った印象を抱いた。切なくなる。
>|