ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価


なんか色々意味深で

こいつあ実はなかなかの大作じゃないかと前半勘ぐって

後半見て

びっくりするくらい普通やんという
内容を余り覚えてないのですが。
面白く観られました。
お母さんの存在が良かった。
かぜ

かぜの感想・評価

3.5
タイトル、設定がなかなか面白そうだなと思ったので鑑賞しました。

ちょっと残念なのはタイトルほど内容が面白くなかったかなというところ。
現実と夢がリンクしたりするあたりは面白いとは思ったんですけど、ちょっと不自然すぎたり、終盤の夢がやや謎でした。
夢の場面の時に、現実ではどんなことが起こってるんだろうと想像しながら観るのはなかなか大変でしたけど面白い体験でした。
ま

まの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

好き〜面白かった!

2時間近くあったので少し長いかなと思ったけど夢と現実が切り替わってピンチになったりチャンスになったりがよかったし主人公の軽さが良かった。

最後にバイクが助けに来たのはお彼岸でお母さんが帰って来てたから。最初のシーンでお父さんがキュウリで馬を作ってたっていう伏線回収も好き〜

お父さんがお話してくれてた夢の女の子が実はお母さんとのストーリーだったのは本当に素晴らしい。お母さんへの愛と娘への愛情がダブルで伝わってくる。

夢と現実の切り替わりも地続きで複雑なのに服装とかが変わることですごく分かりやすかった。

アニメ映画にしてはクライマックスに派手さが足りないかも知れないけどそれも主人公の性格で深刻に悩んだりしないのが反映されてる感じがしていいのかもしれない。
長い割りに軽く観れて楽しめる。
好き〜
夢と現実が交差するたび???と思いながらもラストまであっという間に観た。
chicoco

chicocoの感想・評価

-
観ました。
まー

まーの感想・評価

2.0
高畑充希さんが素晴らしかった!
高畑さんが歌うデイドリームビリーバーが良かったです。エンディングのおかげでなんとなーく多幸感を味わえる作品。

その他の感想は全くありません。

ひるねに誘われる退屈な作品でございました。久々に貴重な休日の時間を返せ案件。
カピ吉

カピ吉の感想・評価

2.0
エンドロールだけが救い。劇場で中座を我慢したご褒美。
muka

mukaの感想・評価

3.1
思ってたのと違うかった…

ロボは要らないよ…
makkopai

makkopaiの感想・評価

3.2
ロボやメカニックが良い感じ
>|