ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

終わり良ければ全て良し。
ラストからエンドロールでとにかく感動。
キャラデザと、現実と夢のリンクがいまいち雑で入りきれなかったけど。
ま、楽しかったです。
makkopai

makkopaiの感想・評価

3.2
ロボやメカニックが良い感じ
miwa

miwaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

本編は正直よくわからなかったけど、高畑充希が歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」がとっても素敵で、エンディングで急に泣けた。
エンディングだけ何回もみたい。
本編★2、エンディング★4
パパイケメン
主人公にイライラした、結局どうなったのか分からない
たじま

たじまの感想・評価

2.6
作画と雰囲気はええんやがストーリーは終始ようわからん
途中で飽きた
ここねの可愛さだけやな。

このレビューはネタバレを含みます

すぐに高畑充希だと分かった。そして声浮きすぎ。声優下手だなぁ。最初の朝食シーンとか見てられなかったわ。
あと高畑充希だけでなく、学内も含めて方言下手すぎてどこの地方の話ししてるのかわからんかった。結局どこや。
内容としては、ひるね姫というタイトルからは想像できなかった。やはりSFが絡むと話の振り幅が一気に増えるのでついて行きづらい。昼寝の中で起きてる世界一本で行った方がよかったかも。最初の渋滞のくだりとかが、一番設定が引き込まれたわ。渋滞のせいで今日は4時間しか働けなかったって…。効率の悪さ…。
>|