ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜の作品情報・感想・評価

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜2017年製作の映画)

上映日:2017年03月18日

製作国:

上映時間:110分

3.0

あらすじ

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れてい…

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なこと、それは「昼寝」。そ んな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。 2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたと はどうしても思えない。ココネは父親逮捕の謎を自力で解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出るココネ。それは彼女にとって思いがけず、自分を見つける旅でもあった。

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」に投稿された感想・評価

終わり良ければ全て良し。
ラストからエンドロールでとにかく感動。
キャラデザと、現実と夢のリンクがいまいち雑で入りきれなかったけど。
ま、楽しかったです。
miu

miuの感想・評価

3.1
主人公の声が可愛かった。ファンタジーチックな内容。
空音

空音の感想・評価

2.7
退屈で途中で少し寝そうになった。いまいち意味がわからないストーリー。高畑充希の声が癒し。
岡山辺りが舞台なのか、方言がいい感じ。
she

sheの感想・評価

1.8
ひるねなのか?って思っちゃった笑
高畑充希の声と喋り方の可愛さ。
キャラクターも魅力ある。
ストーリーは微妙。
アニメ業界一のキレ者と噂(?)の、神山健治監督による長編アニメ。原作と脚本も担当している。

あらすじ(実は把握してないが…)。
主人公は元気で勝気な女子高生。田舎で小さな自動車整備業を営む父親と二人暮らし。特に不満はない毎日だったが、突然、父親が逮捕された。無実を信じる主人公は、謎の男に奪われたタブレットを取り戻し、父の疑いを晴らすために行動する。相棒はバイクに乗る、幼馴染の男友達一人だけ。向かうのは都会の巨大企業。陰謀の元はそこにあるからで、その自動車メーカーの会長は主人公の(母方の)祖父だが、主人公は一度も会ったことがない……。

主人公は夢を観る。
自分(?)と父親が出てくるし、男友達も出てくるし、巨大モンスターもでてくるし、とってもファンタジーな夢。だが次第に、現実とのシンクロに気付き始める。

一度観ただけ。
ストーリーと設定が理解できなかったから、このへんで終わりたい。

だが書いておきたいことがある。
この映画は、人間が全く描けていないと思った。神山は監督に専念して、原作と脚本は書かない方がいい気がする(細田守も同様だ)。点数を「1.5」にしたのは映像が好みだから。神山の仕事に与えたポイントは「ゼロ」のつもり。

余談。
監督の神山健治は、スタジオジブリの出世作『魔女の宅急便』(1989年)に背景スタッフとして参加した。日本のアニメ業界で、背景スタッフから長編映画の監督になったのは、たぶん神山だけだろう(山本二三の『ミヨリの森』(2007年)はテレビ映画)。
こんなに引き込まれないアニメは久しぶり…
knzz

knzzの感想・評価

4.0
高畑充希さんの話し方がかわいい!
学生の頃からアニメは好きでした。
当時、洋画は決まったアクション映画、決まったホラーやパニックもの位しか観てなくて、他はほぼアニメ、と言っても過言でないくらいアニメを観てました。

ただなんでもかんでも見るタイプではなくて『1度観て面白かったら何度でも観る』タイプ。

裏を返すと『琴線に触れなければ見ようと思わない』タイプでした。

昔の僕なら間違いなく手にする事すらしていなかったでしょう。

先日観た『この世界の片隅に』『きみの声をとどけたい』に確実に影響を受けてます。

ちょっとキャラクターデザインが古めかしいな、という印象だったんですが、気がつけばそんな事気にならず作品に没頭してました。面白かったです。
>|