ミミック

デッドプール2のミミックのレビュー・感想・評価

デッドプール2(2018年製作の映画)
4.2
マーベル唯一の独自路線『デッドプール』の第2弾は、脚本からして前作に増してやりたい放題。
下品でウィットでメタなネタがてんこ盛りで、好き度で言ったら今回のが好きかも。
お得意のウルヴァリンいじりで始まり、X-MEN訓練生になってミュータント収容所で少年と友情を育み、彼を救うためにX-フォースなるチームを結成するプロットをマーベル作品でよくやるな。
空中から護送車を襲撃するために飛び立つシーンから、ギアが上がったようにスタートするグロアクションにテンション上げ。
『シャークネード』や『ムカデ人間』にまで言及する豊富な映画ネタに外れがない。
忽那汐里は出番ちょっとだけど可愛かった、けどなんで役名がユキオなのか。
不死身ということでいつにも増して関節がぐにゃぐにゃ、下半身の蘇生シーンは笑った。
それにしてもジョシュ・ブローリンのキャスティングは反則過ぎる(笑)。思えば冒頭から時間軸を前後して見せてたのも展開上の伏線だったのか。
不覚にもラストの「ね、ファミリー映画って言ったでょ」でうるっと来ちゃったよ。そしてすかさずギャグに戻す振り幅ね。